ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」最強伝説。ハンドリングにおいてマクラーレンやポルシェを抑えて堂々1位に

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットでの市販車両最速記録(6分52.01秒)をたたき出したランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」。
しかし、その記録もポルシェ「911GT2RS」のとんでもない記録(6分47.30秒)によって塗り替えられてしまったわけですが、一方でハンドリングポイント(コーナーとなる個所)のみトータルラップタイムを計測したところ、ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」がポルシェやマクラーレンを抑えてトップに立っていたことが判明(但し、ニュルブルクリンクではなくナニートン・MIRAサーキットにおいて)。
つまりは、ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」のハンドリング性能はポルシェやマクラーレンよりも優れているということがわかります。

スポンサーリンク

ちなみに、ランキングは以下の通りとなっています。

1位 ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」-1分5.30秒
2位 ポルシェ「918スパイダー」-1分5.70秒
3位 マクラーレン「720S」-1分6.10秒
4位 マクラーレン「P1」-1分6.80秒
5位 ラディカル「SR3 SL」-1分8.00秒
6位 フェラーリ「488GTB」-1分8.00秒
7位 マクラーレン「650Sスパイダー」-1分8.30秒
8位 フェラーリ「458スペチアーレ」-1分8.30秒
9位 メルセデスベンツAMG「GT R」-1分8.30秒
10位 アリエル「アトム500 V8」-1分8.40秒

僅かながらですが、ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」がポルシェ「918スパイダー」を抑えて堂々1位に。
しかしながら、ここにポルシェ「911GT2RS」がランクインしていないのは未だこのラップタイムに参戦していないからであって、もしかするとその記録も塗り替えられてしまう恐れがありそうですね。

【関連記事】
ニュルブルクリンクでの最速記録は?2017年最新版をまとめてみた。2位にポルシェ「911GT2RS」がランクイン
ポルシェが快挙。「911GT2RS」がニュルブルクリンクでの記録6分47.30秒で最速記録樹立【動画有】

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう