これまたド派手な。BMWアブダビにてオースティンイエローの「M760Li」が登場

過去これまで、ブルーやイエロー、グリーン、ブロンズといった奇抜なボディカラーに身を纏った個体を公開してきたBMWアブダビですが、今度は「M3/M4」にも採用されている特別カラーであるオースティンイエローメタリックに身を纏った「M760Li xDrive」が登場。
「M760Li xDrive」は、過去にもド派手な「チェスナット・ブロンズ」にというブラウン系にも見える不思議なカラーにてペインティングされ、スポーティ&エレガンスに演出していましたが、今回は更に奇抜なオースティンイエローで、エレガンスさよりもスポーティ且つヤンチャな見た目の印象がとにかく大きい一台ですね。

スポンサーリンク

もちろん、ボディカラーだけでなく3Dデザインのボディキットも装着され、シンプルかつダイナミックな外観を取得。
ボディカラーと同色というところがまた良いですね。

見る角度によっては、メタリック系に見えたりマット系に見える不思議な色相を持つカラーですが、恐らく何層に塗り重ねられた非常に特殊なカラーなのだと考えられますね。

リヤスポイラーはアルピナ製で、足回りについてはリキッドブラックの21インチマルチスポーク合金ホイールを装着。適度な光沢感のある足回りが「M760Li xDrive」の魅力をさらに惹きつけていきます。

なお、インテリアは意外にもシンプルなクリーム系レザーシートに、木製のトリムというベタな組合わせ。どちらかというとラグジュアリー志向の内装ですが、スポーティな外観とは大きなギャップを持つ内装は個人的には好みだったりします。

【関連記事】
これは美しい。BMWアブダビにて、今度はブロンズカラーの「M760Li xDrive」が登場
BMWアブダビにてアトランティスブルーの「M3」が公開。Mパフォーマンスパーツでまとめられたスポーツクーペ
BMWアブダビがいかにも速そうなスピードイエロー「M3」を公開
BMWアブダビが「X6M」専用パフォーマンスキットを公開。カーボンをふんだんに多用
BMWアブダビがアフターマーケットパーツを用いた「X6M」を公開に
BMWアブダビにて、鮮やかなエストリルブルーのBMW「M760Li xDrive」が公開に
中東らしい。BMWアブダビがACシュニッツァー仕様の「i8」を公開
中東らしくない。BMWアブダビが「435iコンバーチブル」の特別仕様車を公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう