あの踏みつけられたランボルギーニ「アヴェンタドールSV」のオーナーが独占インタビュー。一体何を語る?【動画有】

以前、アメリカ・サンフランシスコの街中にて、約6,000万円相当もするロッソ・ビアカラーのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」に若い黒人男性がその高額車両を踏みつけていく、という記事を紹介。
今回、その被害を受けた「アヴェンタドールSV」オーナーであるマイケル・ボーウェン氏が、その後一体どうなったのか独占取材を受けています。

関連記事:これ酷過ぎ。サンフランシスコにてランボルギーニ「アヴェンタドールSV」を踏みつける黒人男性【動画有】

スポンサーリンク

マイケル・ボーウェン氏曰く、今回発生した事件についてはちょっとしたストーリーがあるとして説明を開始。
どうやら彼は、この黒人男性が車体を踏みつける以前に、別の屋内にて既に被害を受けていた模様。
そのときは、黒人男性が「アヴェンタドールSV」のルーフ上に座りながらビールを飲んでいたことが始まりだったとのこと。

その光景を見たマイケル氏は、すぐさま彼を注意しますが、全く言うことを聞かない黒人男性。
何とか無理やりルーフの上から引きずり下ろしますが、とにかくしつこい黒人男性に呆れてしまうも、
これだけの酷すぎる行為を外にいるギャラリー達に晒すことを決意。
ほんの少し離れた距離の路駐エリアに「アヴェンタドールSV」を駐車した男性がドアを開けて待機していると案の定黒人男性が登場。

彼はカップに入ったビールを「アヴェンタドールSV」にぶっかけるという恐ろしい行為に走り、挙句の果てにはフロントボンネットをまるで土台のように踏みつけ、フロントガラス、ルーフと容赦なく踏みつけていきます。
ここまでの行為は、全てマイケル氏が引っかけたトラップで、こういった許されない行為はギャラリー含め、動画が多数撮影され、SNSに大量投稿される結果に。

 

Found another angle thanks to @mitchsalazar84 #lamborghini #lambo

Robin Hongさん(@r6robin)がシェアした投稿 –

後日、マイケル氏は地元警察に被害を受けた証拠の動画を見せ、黒人男性から損害賠償を請求するも、この男性は金銭も仕事もないことから拘束されずに釈放されたとのこと。
なお、結局のところこの黒人男性がなぜ「アヴェンタドールSV」を踏みつけたり多数の嫌がらせをしたのかは不明のままですが、単純に嫉妬から生まれた罪ではないかと考えたりもしますが、それでも超高額な車を傷つけようとする気持ちにはならないですし、むしろ「自分もいつかあんな車に乗りたい」と思える、そんな一台だと思ってはいますが、人間の考えることはやはり理解できない部分が多数ありますね。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう