Powered By 画RSS

欧州メーカ >ポルシェ

これは貴重。ワンオフモデルの1992年式・ポルシェ「911ターボ」が4500万円にて販売中

中古車サイトCrave Luxury Autoにて、1992年式のポルシェ「911(964)ターボ」(3代目)が販売中。
この個体は、「911シリーズ」の中でもとにかく人気が高く、特に北米市場ではそのスタイリングはもちろんのこと、走行性能においても圧倒的な人気を誇る一台。
そのため、1989年にデビューした「911(964)」は、その後のモデルにおいても外観の変化を加えることが許されず「930」タイプを踏襲した外観にてまとめられていました。
今回中古車市場に登場した「911(964)ターボ」は、非常に特殊なペイント・トゥ・サンプル・パール・ホワイトというボディカラーに身を纏った、世界に一台しか存在しないワンオフモデルとのことで、更には、北米市場向けに作られた"最後の911(964)ターボ"となります。

スポンサーリンク

全体のデザインを確認した感じでは、確かにパール系のホワイトで、その塗装の仕上がりは非常に美しく、約20年経過した今でも全く色褪せていないですね。

1992年式と言えば、この年に「911(964)」はマイナーチェンジを果たすわけですが、その内容としてはサイドミラーがエアロタイプのターボミラーに変更され、ホイールデザインもディッシュタイプから5スポークのカップデザインホイールに変更。
ボディタイプとしては、この年からカブリオレターボルックが追加されていて、その翌年にはスピードスターモデルが追加されましたね。

「911(964)」シリーズは、このモデルとして最後のセミトレーリング式のサスペンションとRRの組合わせとなるわけですが、ポルシェ創業時の「356シリーズ」から伝統的に受け継がれてきた独特のトラクション感を体験できるのは、この964が最後だったと記憶しています。

内装は非常に程度の良いブラックとレッドのカラードステッチが加えられたスポーツレザーシートですね。
定期的な手入れも行われていたため、乗り心地は抜群とのこと。

気になるパワートレインは、「カレラ2」ベースのシャシーに930型から流用した排気量3.3Lの930ターボフラットノーズやターボSに仕様のエンジンを搭載し、最高出力320ps、最大トルク450Nmを発揮。
中古車販売価格は約4,500万円と非常に高額ですが、一時期は約6,000万円まで高騰したことのある個体だけに、今回は相当に買いな一台なのかもしれませんね。

Reference:CARSCOOPS

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >ポルシェ
-, , ,