これは一体?ケーニグセグからまたもや新たな「アゲーラ」が登場する?

ケーニグセグは先日、ブガッティ「シロン」の最速記録となる0-400-0km/hの41.96秒よりもはるかに速い36.44秒という記録を樹立。
そのとんでもない記録を樹立したのは「アゲーラ」のハイパフォーマンス性能並びに環境性能を配慮した「アゲーラRS」でありましたが、今回そのモデルよりも更なるハイパフォーマンスを備えた新型モデルと思わしき開発車両をスウェーデンのケーニグセグ本社近くのガソリンスタンドにて捕捉

スポンサーリンク

今回捕捉している個体は、フロントボンネットに迷彩柄のカモフラージュが施され、フロントスプリッター周りや各ディテール部にはイエローのマスキングテープのようなものが貼付されていることが確認できますね。

現在、この個体が一体どのようなモデルとして登場し、どれだけのスペックを持ってして登場するのかは不明ですが、「アゲーラXS」のような少数限定モデルとして登場する可能性も一つですし、更には0-400-0km/h記録やニュルブルクリンクでの最速記録を塗り替えるためのキラーモデルとして登場する可能性も十分にありそうですね。

【関連記事】
ケーニグセグ「アゲーラRS」が0-400-0km/hにてブガッティ「シロン」の記録を大幅更新。圧倒的な加減速力を動画にて【動画有】
クラッシュしたケーニグセグ「アゲーラRS」が新たな車両としてオーナーに手渡されることが判明

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう