米国メーカ >シボレー

シボレーのミドシップモデル「コルベットC8」の予想イメージとバンパーが公開に

シボレーの2シータ+ミドシップスポーツモデルとして登場が期待される「コルベットC8」。
過去には幾度の開発車両や予想レンダリングが公開されてきましたが、今回は「コルベット」の製造が行われるボウリング・グリーン工場にてそのフロントとリヤバンパーの骨組みが塗装されたスパイ画像が公開されています(上の画像は完成予想図ですが、デザインは完全にスーパーカースタイル)。

スポンサーリンク

早速バンパーの違いを「C8」と「C7 ZR1」にて比較していきたいと思います。
以下の左下は「C8」、右下「C7 ZR1」のフロントバンパーとなりますが、フロントグリルやエアインテークを確認していくと、それぞれのグリルの面積やエアインテークの形状が異なっていることが確認でき、単純にバンパーの差し替えだけでの対応は厳しそうに感じられますね。

以下も同様に左下「C8」、右下「C7 ZR1」のリヤバンパーとなりますが、大型リヤウィングを除いての比較となると、リヤテール周りの外枠はもちろん、その下のグリル?らしき部分が「C8」には追加されています。これはおそらくフロントマウントからミドシップモデルに移行することで、フロントからリヤにかけて気流を送るためのダクトを設けたのではないか?と推測。
また、リヤバンパーが中央にかけてアーチを描くような形状となっていることから、より立体感を演出。

その他、ボウリング・グリーン・アセンブリの通信担当Lauren Langille氏曰く「C8のボディパネルにはカーボンやその他の材料の性能を最適化するように特別に設計されているため、より良い塗装仕上げと外観を得ることができる」とコメントしており、これまでにない高品質な「コルベット」が登場するといわれています。上のイメージ図の通り、ボディサイドには複雑な形状を持つカーボンファイバパーツが採用され、またボディカラーもメタリック系をベースに様々なボディカラーが登場するのではないかと考えられています。

なお、その他の「コルベットC8」に関する情報(エンジン、価格、デザイン等)は以下にてまとめております。

【関連記事】
シボレーの新型「コルベットC8」の予想レンダリングが公開に。若干フェラーリに見える件
シボレーのミドシップモデル「コルベットC8」が遂に捕捉。ホイールは量産仕様か
シボレー「コルベットC8」は2018年秋頃に発売予定。V8のブロックエンジンを搭載し、価格は約1,000万円程と予想
2019年式・ミドシップのシボレー「コルベットC8」にはエンジンが3種類ラインナップ。その中にHVモデルも
シボレーのミドシップエンジンモデル「コルベットC8」のレンダリング画像が公開に。まるで「488GTB」のようなデザイン?

Reference:autoevolution

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >シボレー
-, ,