あの大幅下落していたフロイド・メイウェザー氏が所有していたケーニグセグ「CCXRトレヴィータ」が早くも中古車市場に登場。気になる価格は?

以前、世界的に有名なプロボクサーであり、2015年版「最も稼いだアスリート」ランキングで首位を飾ったこともあるフロイド・メイウェザー氏が所有していた、ケーニグセグ「CCXRトレヴィータ」がモントレー・オークションに出品し、何とも悲惨なまでの金額にて落札されたことを紹介しました。
ケーニグセグ「CCXRトレヴィータ」は、2015年8月当時、”世界で最も高い”といわれた個体で、約4億円のランボルギーニ「ヴェネーノ」を押さえて約5.7億円にて購入したといわれる超高額車両となります。

そんな、高額すぎる個体が、モントレー・オークションにて出品される際の予想落札価格はまさかの3.2~3.6億円になるとの噂もありましたが、実際に落札された金額はまさかの約3.0億円で、約2.7億円もの大損をしていたわけです。

スポンサーリンク

その超高額車両が早くもアメリカ・カリフォルニア州のiLussoという中古車サイトにて既に販売されていることが判明。
走行距離は3,185kmとほとんど走られていませんが、エンジンの調子は非常に良いとのこと。

この独特のデザインを持った「CCXRトレヴィータ」のボディは、ダイヤモンドを練り込んだカーボンファイバ素材で覆われているとのことで、ボディカラーだけで最低約1,000万円にも上るとのことで、恐らく世界で最も高価なボディカラーとも言われています。

デザインベースは「CCXR」になっているものの、特別仕様の「トレヴィータ」は、排気量4.8L V型8気筒スーパーチャージャーを搭載し、最高出力1,018psを発揮。
0-100km/hの加速時間は2.9秒、最高速度は410km/hにまで上るとのことです。

内装はシンプルなホワイトブラックのバイカラーレザーシートにダイヤモンドステッチが縫合。
ステアリングのデザインが左右で異なるのも何とも珍しいですね。

この「CCXRトレヴィータ」は、”超”富裕層向けに世界限定2台のみ製造された個体と言われ、その内の2台目を入手したのがフロイド・メイウェザー氏となっていました。
ただ、「トレヴィータ」はスウェーデン語で”3つの白”という意味が込められており、実際には”3台製造された”という説もあり、3台目がどのオーナーに納車したのかは不明。
なお、今回の中古車市場での価格は約3.2億円と以前のモントレーオークション(約3.0億円)よりもほんの少し高値が付いた程度。やはり新車価格を上回る程の価値ではなかったのは残念ですが、この個体を売却したオーナーはリスクを覚悟して転売目的で購入していたのかもしれませんね。

関連記事:2億円以上の大損。フロイド・メイウェザー氏が所有していた「CCXRトレヴィータ」が半値で落札【動画有】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう