メルセデスベンツAMG「C63クーペ」フェイスリフト版の開発車両を捕捉。パナメリカーナグリル採用でその周りも一新する模様

メルセデスベンツAMG「C63クーペ」フェイスリフト版と思わしき開発車両が、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにてテスト走行しているところを捕捉。
今回捕捉されている個体は、フロントとリヤのみをカモフラージュしているため、フロントデザインを確認することはできないものの、今回のフェイスリフトによりデザインを大きく一新するとのことで、その中には最新のパナメリカーナグリルやフロントヘッドライト・リヤテールライトやバンパー、リヤバンパーも変更し、「Sクラス」に近いラグジュアリータイプになる可能性が高いとのこと。

スポンサーリンク

ただ、今回の開発車両では内装を確認することはできないものの、タッチパッド式の最新インフォテイメントディスプレイシステムをアップデートし、更にはオプションとしてデジタル計測クラスタを追加することが予想されています。

パワートレインとしては、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載することが判明しているものの、具体的な出力やトルク値については不明。
少なくとも現行モデルの最高出力476ps、最大トルク650Nmを超えてくる可能性は高いとのことです。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう