Larteデザインがマセラティ「レヴァンテS」をカスタム。スポーツパッケージ搭載で戦闘力アップ

マセラティのミドルサイズSUV「レヴァンテS」を、アメリカのチューニングメーカであるLarteデザインがカスタム。
「レヴァンテS」の純正スタイルを崩さず、アフターパーツにてスタイリッシュにカスタムすることで引き締め効果を強調し、空力性能を高めることで走行性を向上させているとのこと。

スポンサーリンク

今回Larteデザインが公開しているカスタムモデルの「レヴァンテS」には、フードインサートやフロントスプリッター、ルーフトレーラースポイラ、リヤディフューザー、カーボンファイバ製17ピースエアロキットを含めたスペシャルパッケージを装備しています。

フロントエンドを確認してみると、主にフロントロア周りにはカーボンファイバパーツを多く流用しており、フロントフォグ周りはもちろん、少々見づらいですがフロントフェンダーアーチモールにもカーボンを使用するという男前っぷり。

フロントフードにもカーボンファイバが使用されていますが、このパーツがさり気なくセンターストライプのようなデザイン性にも富んでいるため非常にオシャレ。

リヤデザインも非常にオシャレで、リヤディフューザと両方ツイン出しエキゾーストパイプと一体型となっているところもスマートですね。
リヤスポイラーにもカーボン、リヤアーチモールにもカーボンがしっかりと使用されています(走行時のキズ等お構いなし)。

内装は純正そのままのダークローズベースの本革シートを採用していますね。
なお、パワートレインについては、純正ベースとなる排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力430psを発揮します。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう