レクサスより、早くもカスタムした新型「LS F SPORT」と「LC」がSEMAショーにて登場

10月末から11月にかけてアメリカ・ラスベガスにて開催する世界最大級の自動車アフターマーケットパーツショー・SEMAショー2017にて、レクサスの新型フラッグシップセダンモデル「LS500 F SPORT」やフラッグシップクーペモデル「LC」が出展されることが判明。
今回新型となる「LS500 F SPORT」は、Gordon TingとBeyond Marketingによってコラボしており、敢えてスポーツクーペ風に表現した一台となっています。

特にSupremeマットホワイトラッピングにより、ボディ全体を大型に魅せるも、再調整のスポーツサスペンションによりローダウン化を図り、足回りはHRE製の22インチ鍛造ホイール+ピレリP-Zeroタイヤを装着。

スポンサーリンク

その他にも鮮やかなレッドにて身を纏った「LC500」が登場。
こちらもGordon TingとBeyond Marketing、Artisan Spiritsとの区ラボレーションにより、専用ワイドボディキットとSupreme Carine Redにより過激なマット風レッドの「LC500」が完成に。

なお、足回りについてはブレンボ製の強力なカーボンブレーキを装備し、カーボンファイバ製リヤウィング、油圧リフトシステムを備えたKWサスペンションの設置、更にはカーボンSparcoシートや22インチレイズホイール、ピレリP-Zeroタイヤも装備した過激な一台となっています。

関連記事:レクサス「LC」と映画・ブラックパンサーの過激コラボ車両が販売へ。世界限定100台のみ、SEMAショーにて登場予定

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう