イギリスにて、納車したばかりのホンダ「NSX」がクラッシュ。フロントはかなり深刻なダメージに【動画有】

イギリスにて、納車したばかりのホンダ・新型「NSX」が、同社ディーラから帰宅途中に僅か10分程でクラッシュ。
事故の状況より、道路から外れフロントバンパーが大破していることから、相当なスピードにて走行中にコントロール不能となってしまった可能性がありそうですね。
フロントマウントされたエンジンにも一部損傷があると思われ、しかしそこまで大きなダメージではないかと考えますが、問題なのは車輪に搭載する電気モータで、こちらについては車体がコントロール不能となり道路外に投げ出された際に大きな段差を乗り上げてしまったとのことで、そのときに下周りから小さな爆発音が発生したとのこと。

スポンサーリンク

幸いドライバは無傷でしたが、納車して僅か10分でクラッシュしてしまった「NSX」は修理されるかは不明であるも、精神的ダメージは相当に大きいものと思われますね。
なお、イギリスでの「NSX」の人気は相当に高く、元々割り当て台数が100台だったものが、現在は150台に増産され、納期も約2~3年待ちとなっています(日本も1年~2年待ち)。


【Honda NSX fails !】

関連記事:ホンダ「NSX」がイギリスで販売開始して1年で100台完売と好調。新たに50台追加

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう