やんのか?「ポールスター1」を邪悪なレーシングカーにしたら?というレンダリング画像が公開に

先日、ボルボの公式モータースポーツパートナーであるポールスター(ハイグレードブランド)が、スタンドアローン・ブランドとして高性能モデル(スポーツクーペ)の「ポールスター1」をリリースし、中国・上海での特別イベントにおいてその詳細を明らかにしましたが、今回早くもレーシングモデル風にカスタムした予想レンダリング画像が公開に。
今回レンダリングを担当したのはデジタルアーティストのAksyonov Nikita氏で、ブラックのボディカラーをメインに、GTレースにも登場しそうなオーバーフェンダーを装着していることが確認できます。

スポンサーリンク

複数歩引いた位置から「ポールスター1」を見ていきましょう。
外付けのオーバーフェンダーからシームレスにカスタムバンパーが装着され、表情を大きく一変しています。
ある意味空力抵抗を抑えた思い切ったデザインであるとは思いますが、素の「ポールスター1」の面影が大きく薄れているようにも感じられます。

サイドも確認していきましょう。
やはり2ドアクーペの流線形は非常に美しいですね。
ここにレーシングホイールと専用タイヤ、大型リヤウィングを装着することでレーシングに特化したギミックさを演出。

恐らくスペック面においてもクーペ同様に、最高出力608ps、最大トルク1,000Nmを発揮する高出力ハイブリッドパワートレインを搭載する2ドアモデルで、プラットフォームもScalable Platform Architecture(SPA)をベースにした高品質車体フレームを採用していると推測。

【関連記事】
早速登場。「ポールスター1」をコンバーチブルにしたら?というレンダリングが公開に
ポールスターが遂に最新モデル公開。車名「One」、600馬力超えのハイブリッドクーペ

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう