約6.2億円のブガッティ「ヴィジョン・グランツーリスモ」がアメリカに納車。オーナーのとんでもないガレージも紹介【動画有】

アメリカ・ロサンゼルスにて、とある一人の富豪がブガッティのワンオフモデル「ヴィジョン・グランツーリスモ(VGT)」を約6.2億円にて購入し、今回そのワンオフモデルが無事納車されたとのこと。
このブガッティ「VGT」は、昨年の夏ごろにサウジアラビアの大富豪であるPrince Badr Bin Saud氏によって購入され、その後今回のロサンゼルスのオーナーに約6.2億円にて売却されたわけですが、そのスタイリングやデザインはまさしくゲームの世界に登場する唯一無のモデルといっても過言ではないですね。

スポンサーリンク

「VGT」は、1937年と1939年にル・マン24時間耐久レースにて優勝したブガッティ・タイプ57Gタンクからインスピレーションを受けた個体であり、パワートレインは排気量8.0L W16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,673ps(従来の「シロン」は1,500ps)、最大トルク1,580Nmを発揮。最高時速は447.59km/hにまで到達します。

デザインの大きな特徴としては、大きな凸形状の面が凹面のトランジションや強いラインとコントラスト作成し、プロポーションについては非常にスポーティで、一切妥協の無いパフォーマンス性能を発揮。ボディカラーは「シロン」のコンセプトモデルにも適用されたターコイズブルー。

ちなみに、「VGT」を所有する上で注意しなければならないのは、オイル交換やクリーンなフロントガラス、タイヤの空気圧チェックを定期的に行うためのサービスパックが存在しており、これの金額が約240万円、更に「VGT」用に新たな設計されたミシュラン製レーシングタイヤは、現在世界で2セットしか存在しておらず、この金額も驚異的な約1,200万円/1セットとなっています。

ちなみに、今回「VGT」が納車されたオーナーのガレージを拝見してみると、ブガッティ「ヴェイロン・ヴィテッセ」を始め、「ラ・フェラーリ」やマクラーレン「P1」、ランボルギーニ「チェンテナリオ・ロードスター」も鎮座していますね。一体このオーナーは何者なのでしょうか…

【Meet the new owner of the BUGATTI VISION GRANTURISMO!!!】

【関連記事】
2台で10億円?! サウジアラビア富豪がブガッティ「VGT」と「シロン」第一号を購入した模様【動画有】
ブガッティ「ヴェイロン」はタイヤ交換に約500万円。「シロン」はそれよりも更に安くなる模様

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう