ニュルにてランボルギーニ「アヴェンタドール」のフェイスリフトモデルとなる開発車両を捕捉

20161005_1_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

ドイツのニュルにて、再来年2018年の初めごろにリリースが噂されているランボルギーニ「アヴェンタドール」のフェイスリフトモデルと思わしき開発車両がテスト走行しているところを捕捉しました。

スポンサーリンク

捕捉された画像を確認の通り、ボディ全体が厚めのカモフラージュによりデザインを確認することは難しいですが、現行の「アヴェンタドール」よりもさらにアグレッシブなデザインとなることが予想されており、フロントバンパーの出っ張りがより顕著に表現される等、ランボルギーニらしい攻撃的なデザインに突き進むことは間違いなさそうですね。

またパワートレインについては、そのままの排気量6.5L V12気筒自然吸気エンジンではないかと言われていますが、より軽量化を図ることで0-100km/hの加速性能を向上させていたくのではないかと推測されます。

20161005_2_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

20161005_3_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう