【悲報】メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が未納車であるも既に中古車市場にて販売中

以前、ドイツ・フランクフルトモーターショー2017にて発表されたばかりのメルセデスベンツAMGのハイパーカーモデル「プロジェクト・ワン」ですが、未だラインオフされていないにも関わらず、既に中古車市場Mobileにて販売されていることが判明。

恐らく、納車予定となっているオーナーが未走行のままで転売することが目的と思われますが、アストンマーティン「ヴァルキリー」でも同様のことがあっただけに、AMG側として何かしらの対処を行う必要性があると考えている模様。

スポンサーリンク

メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」は、世界限定275台のみ販売された個体ですが、発表時点では既に完売しており、価格も約2.7億円と非常に高額。
今回、中古車市場にて登場するであろう同車は、約5億円にて販売されることがわかっており、この時点で約2億円以上の利益を得ることに。

同車のパワートレインは、排気量1.6L V型6気筒ツインターボエンジンのF1エンジンに加えて電気モータ4基の高効率型ハイブリッドを搭載し、システム総出力は1,000ps以上、0-200km/hの加速時間は6秒以下となっています(ブガッティ「シロン」は6.1秒)。

ちょっと話はそれますが、この個体は、先日の東京モーターショー2017にてサプライズ出展されていましたが、やはりその注目度は絶大で、特にスーパーカーの出展が全くなかったイベントだっただけにこのサプライズのおかげで相当な盛り上がりを見せたみたいですね(モーターショーにスーパーカーはある意味必須な気がする)。

【関連記事】
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が遂に初公開。1,000馬力以上、ドアはガルウィング【動画有】
やはりそう来たか。アストンマーティン「ヴァルキリー」が納車前に超高額にて転売されている模様
えっ、マジ?メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」が東京モーターショーにて出展している模様

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう