シボレー「コルベットZR1」が発表前にリーク。カーボン多用でアグレッシブなヴィジュアルに

シボレーが販売する「コルベットC7」のハイパフォーマンスモデル「コルベットC7 ZR1」が今週末の11月12日に世界デビュー予定となっていますが、そのデビュー前にまさかのリーク。
画像は、Car and Driverの表紙を撮影したもので、カーボンファイバ製のフロントスプリッターや吸気ダクト、大型リヤウィングを含む空力ボディキットが装備されており、その他にもカーボンファイバ製のダクト付きエンジンフード、カーボンルーフ、ブラックペイント?の合金ホイール等、従来の「コルベットC7」に比べるとより一層アグレッシブなヴィジュアルへと変化(スーパーカーちっく)していることが確認できますね。

スポンサーリンク

他にリークしている画像を確認してみると、はっきりとは言えないものの、アルカンターラにて覆われたシフトやカーボンファイバ製トリムを施したフラットボトムのステアリングホイールも写っており、内装にも強いこだわりが見られるように。

エンジンの画像も公開されていますね。
カーボンファイバ製のエンジンカバーと本体が確認できますが、どうやらこのエンジンはLT5のV型8気筒OHVエンジンであるとのことで、最高出力760ps、最大トルク920Nmを発揮するハイスペックモデルで、前モデルとなる「コルベットZ06」の排気量6.2L V型8気筒エンジンを搭載する最高出力660ps、最大トルク880Nmよりも優れた性能を有しています。
(ちなみにZR1の最高速度は337km/hに到達するといわれています)
なお、価格帯としては約1,400万円からとなっています。

関連記事:シボレー「コルベットC7 ZR1」のエンジンはLT5を採用。アメリカンマッスル最強のハイパフォーマンスエンジンだ【動画有】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう