5,000馬力超えの「デヴェル16」がドバイモーターショーにて正式デビュー。量産モデルも公開だ【動画有】

先日、中東が生み出したハイパーカー「デヴェル16」のV型16気筒クワッドターボエンジンが、最高出力5,007psにまで到達したという記事を公開しましたが、それに合わせて上に公開している画像が「デヴェル16」のプロダクトモデル、そして来週11/14より開催のドバイモーターショー2017にてそのプロダクトモデルが正式に世界初公開されることが判明しました。

スポンサーリンク

「デヴェル16」は、4年前に同モーターショーにてコンセプトモデルを発表して以来、そのあまりにも非現実的すぎるスペックであることから、一時的に大きな注目を集めるも、やはりその熱はすぐに冷めてしまい、今回正式に発表されるまでは全くの音沙汰なしでした。
しかし、Road&Trackの報告により、「デヴェル16」はイタリアの製造会社であるManifattura Automobili Torinoと提携して生産することが明らかとなり、その量産モデルの画像も上の通りで、当時のコンセプトモデルに比較的近い完成度にて製造されることが確認できています。

ちなみに、Manifattura Automobili Torinoは、アメリカが生み出したハイパーカーモデルScuderia Cameron Glickenhaus「SCG003」や欧州のハイパーカーモデル・アポロ「IE(Intensa Emozione)」の両社からの製造オファーを受けた有名企業でもあるため、相当な技術力を持っているものと予想されます。

注目のパワートレインは、排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力5,007ps、最大トルク5,280Nm、0-100km/hの加速時間は1.8秒(仮)、最高時速500km/h以上と言われており、ある意味トラック専用モデルに留めない非常に危険な一台と思われますが、デヴェル曰く、この個体はロードカー(普段使い)としても問題なく操作できるとのこと。
価格帯や生産台数などは全く明らかになっていませんが、恐らくこの辺りの情報も来週のモーターショーにて発表されると思われます。

【関連記事】
あの中東から生まれた4,500馬力超えのデヴェル16が遂に5,000馬力を突破。トルクは5,280Nmを発揮【動画有】
16気筒エンジンを搭載した車たち9選。ぶっ飛んだスペックとサウンドはまさに異次元【動画有】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう