これは思い切った。Forgiatoがポルシェの新型「パナメーラ」にワイドボディキット&22インチホイールを装着

フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーモデル、そしてフォードやトヨタ、ホンダ等の数多くのモデル用に開発してきた社外ホイールメーカ・Forgiato(フォージアート)は先日、ブガッティ「シロン」専用ホイールをデザインしていましたが、今回はポルシェの新型4ドアクーペモデル「パナメーラ」専用ワイドボディキットと22インチホイールを装着したイメージ画像を公開に。
Forgiatoと聞くと、やはり日本を代表する過激チューニングメーカ・リバティウォーク(LB Performance)とのコラボがイメージしやすいですが、今回はテックアートとのコラボカスタムに。

関連記事:フォージアートがブガッティ「シロン」専用ホイールを公開。引締りとスポーティさを大幅アップ

スポンサーリンク

今回カスタムされている新型「パナメーラ」には、上述の通りテックアート製のフロント・リヤエプロンに加えて、統合されたフロントスプリッター、サイドスカート、リヤディフューザー、そして大型リヤウィングといったGTエアロキットを装着

また、足回りについてもテックアートが併せて22インチホイールを装着するところですが、ここでは敢えてForgiato製の22インチデュアルトーン合金ホイールセットを装着し、更にはスポーティな印象与えるレッドカラーのブレーキキャリパとの相性も非常に良いですね(パナメーラのボディカラーがシルバーというの良いところ)。

足回りについては、専用スポーツサスペンションを装着することでフロント・リヤ共にローダウンを図り、フェンダーとホイールリムをツライチに調整。
おまけにテックアートのGTキットにより車幅を80mmも広くしているため、ロー&ワイド感はかなり強力に。

なお、今回内装は公開されていないものの、テックアートこだわりの本革とアルカンターラのバイマテリアルシートを採用し、更にステアリングホイールや内ドア張り、センターコンソールには軽量化とスポーティさを演出するカーボンファイバパーツも多用されているとのこと。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう