欧州メーカ >BMW

ボッコボコになったBMW「7シリーズ」。ロシアの修理業者により奇跡の復活を遂げるシーンを動画にて【動画有】

自称「ドイツ車なら何でも大好き」と謳うロシアの修理業者のArthur Tussik氏が、事故によって全体的にボッコボコになってしまったBMWのフラッグシップセダン「7シリーズ(750i)」を完璧にリペアするという奇跡の動画が公開に。
事故した車両を確認してみると、恐らく走行中又は停車中に「750i」の運転席サイドから車両が突っ込んできた、ないしは「750i」がオーバースピードにより車体が傾き、ガードレール等にクラッシュしてしまったと考えられますね。

スポンサーリンク

フロントを見てみると、その姿がいかにも残酷すぎるかがわかるかと思います。
フロントにおいてはバンパーやフロントボンネット、フロントフェンダーが完全に外れてしまい、元の車両が一体なんだったのかわからないほど。
ルーフからリヤバンパーにかけても、Cピラーが完全に破損(座屈?)しているため、車体の振動を減衰するためのフレームの機能を失ってしまっていることから剛性を失ってしまった鉄の塊に。

しかし、こういったボロボロのドイツ車を直したくてたまらないと感じているのがArthur Tussik氏。
早速彼は、損傷してしまったパーツを取り除き、その後に曲がってしまったルーフを元の位置まで戻す作業に取り掛かります。もちろん、変形してしまったパーツを簡単に戻すことなど難しいわけですが、こういった「試行錯誤を重ねて元の姿に戻していくプロセスが大好きだ」とArthur Tussik氏。本当に車を修理することが大好きな人物なのですね。
その後、フェンダーやサイドフレーム等も新品のパーツへと付け替え、フロントマウントされたエンジン周りのフレームも全て元の形状に戻すために一度エンジンを取り出す等、とにかく大がかりな作業が続きます。
こうして長時間に及ぶリペアが続くわけですが、そんな長時間作業でも一切苦に感じない同氏は、遂に「750i」のリペア作業を完了。

あんなにボロボロだったサイドパネルやCピラー、そして失っていたフェンダーやボンネットも装着され、「本当に事故車だったの?」と疑問に思う程にコンディションとしてはほぼ新車並み。
その工程は実に独特ではありますが、着実にリペアしていくロシアトップクラスの作業の軌跡をご覧ください。

【関連記事】
ドイツ車大好きのロシアの修理業者が、ボコボコのBMW「X3」を完璧にリペアする動画【動画有】
原型不明のBMW「4シリーズ」がロシアのベテラン修理業者が完全修復する動画【動画有】
ロシアの修理業者がクラッシュしたトヨタ「プリウス」を完全修理。その見事な技術を動画にて【動画有】

【BMW 7 Full repair. Полный ремонт.】

Reference:autoevolution

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >BMW
-, , , ,