米国メーカ >シボレー

シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生

昨日、アメリカの自動車メーカ・シボレーが、「コルベットC7」のハードコアモデルとなる「コルベットC7 ZR1」を遂にアンヴェールしました。
今回公開されている「コルベットC7 ZR1」は、排気量6.2L LT5のイートン製V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力765ps、最大トルク968Nmを発揮。トランスミッションは7速MT又は8速ATのいずれかが選択可能となっています。なお、最高時速は337km/h以上となる模様。

スポンサーリンク

今回の「コルベットC7 ZR1」は、新たなフロントフェイスにダウンフォースを強化したシボレー独自が開発したカーボンファイバ製フロントアンダーウィングが装備され、これに加えて同じカーボンファイバ製ハローフードと4つの新たなラジエータも装備されています。

今回のZR1では、2種類の空力スタイリングパッケージが用意されています。
一つは標準装備となるローウィングで、最高時速を実現できるよう設計されており、「Z06」のエアロパッケージよりも最大70%のダウンフォースを発生させることが可能となっています。
もう一つは、オプション装備となるZTKパフォーマンスパッケージで、こちらはフロントスプリッターを設けることで約430kgのダウンフォースを発生することが可能となり、更には調節可能なハイウィングも追加。
その他の装備には、ミシュラン製パイロットスポーツカップ2のサマータイヤ、シャシーの改良、更には大きなコーナリンググリップを提供するリターン式磁気式ライドコントロールシステムを装備。

オプションはまだまだ充実しています。
オレンジのブレーキキャリパカバーやオレンジカラーのアクセントが決め手のセブリングオレンジデザインパッケージにより過激な外観を得ることも可能。
パッケージ内容としては、オレンジカラーのシートベルトやオレンジのコントラストステッチ、そしてブロンズアルミ製インテリアトリム等も含まれています。

インテリアについては、ナッパレザー製シート、カーボンファイバリムステアリング、Boseプレミアムオーディオシステム、パフォーマンデータレコーダ等も装備され、「コルベットC7」よりも更に充実したオプションが提供され、スパルタンさだけにとどまらないスーパースポーツモデルとなります。

【関連記事】
シボレーが「コルベットC7 ZR1」リーク後、11/12(日)にデビューを発表。0-100km/hは3秒以下【動画有】
シボレー「コルベットZR1」が発表前にリーク。カーボン多用でアグレッシブなヴィジュアルに

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >シボレー
-, , , ,