何とヤンチャな。Spofecがワイドボディ化したロールスロイス「ドーン」を公開

Novitecグループの一つであり、ロールスロイスを専門に手掛けるチューナのSpofecが、ラグジュアリー2ドアコンバーチブルの「ドーン」をヤンチャにカスタム。
今回、Spofecがカスタムした「ドーン」は、カーボンファイバ製のワイドボディーキットを装着し、ホイールアーチは拡大され、更にはOverdoseチューニングパッケージと呼ばれる22インチ大口径合金ホイールを装着。
足回りを更にスマートに見せるため、エアサスペンションによるシビアな車高調整も行われます。

スポンサーリンク

今回のヤンチャカスタムにより、「ドーン」のフロントフェンダーは約130mm広く(1,945mm→2,075mm)なり、フロント・リヤバンパーも変更することで、過激且つスポーティな印象を強く与えています。

リヤデザインは特に大きな変化を加えていないものの、不気味な雰囲気を漂わせるダークグレーのボディカラーとワイドボディ化した車体は、ラグジュアリーというよりもやはりヤンチャ仕様。
この個体の後ろを走行する際は、車間を大きく空けることをオススメします。

パワートレインについては、排気量6.6L V型12気筒ツインターボエンジンはそのままに、ECUセットアップにより最高出力570ps→695ps、最大トルク820Nm→980Nmへと過激チューン。
0-100km/hの加速時間は5.0秒→4.6秒と0.4秒も短縮。最高速度は250km/hと現状のままとなりますが、ラグジュアリークーペにして十分すぎる加速性能をもっていますね。
なお、このカスタムキットは限定8台のみの対応となっています。

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう