早くも登場。テスラ「ロードスター」をシューティングブレーク風にしたら?というレンダリング画像が公開に

先日、アメリカのEV自動車メーカであるテスラより、加速力世界一の2ドアEVスポーツクーペ「ロードスター」が発表されましたが、今回その個体を早くも(しかも発表されて12時間以内)シューティングブレーク風にデザインしたレンダリング画像が公開に。
今回もレンダリングを担当したのは、デジタルアーティストのX-TomiDesign氏。

スポンサーリンク

X-TomiDesign氏は、これまで「ポールスター1」やジェネシス「G70」、ポルシェ「ミッションE」のシューティングブレーク風レンダリングを公開してきていますが、最近の傾向としては高確率でシューティングブレークを作成している傾向にあるため、彼の中ではちょっとしたトレンド(ブレイクしている?)デザインになっているのかもしれません。

話は戻って「ロードスター」のシューティングブレークモデルですが、見る角度によっては正直目つきを鋭くした「モデル3」といった印象で、基本的なデザインとスタイリングを崩さなければテスラの基本コンセプトは共通化されている(特にフロントエンドデザイン)ため、ある意味一貫性のある車両であることも今回のレンダリングで再確認できたのように思えます。

なお、この個体が登場する可能性は限りなく低いものの、テスラとしては今後新たなシューティングブレークモデル(厳密にはクロスオーバー?)を発表する計画もあるとのことで、残り少ない2017年中にもしかすると新たなサプライズが待ち受けているのかもしれません。

【関連記事】
世界最強EVがここに。テスラ・新型「ロードスター」が突如として登場、0-100km/hは1.9秒、航続可能距離は1,000kmだ
テスラが今後3年間で3つのモデルの開発・販売を計画中。桁外れのスポーツカーも登場か

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう