メルセデスベンツ・新型「CLS」のティーザー画像第2弾が公開に。20インチ超えの圧倒的なスクリーンが登場?

先日、メルセデスベンツ「CLSクーペ」の初となるティーザー画像が公開され、その新たなフロントマスクとシームレスなデイタイムランニングライトが表現されていましたが、今回は同車の車内になるダッシュボードに加えてデジタルメータやインフォテイメントシステムを組み込んだシングル画面のティーザー画像第2弾が公開されています。

ティーザー画像を見る限りでは、感覚的に12.3インチのワイド画面が2台連なっているのかと思いきや、1つのスクリーンで圧倒的な横長となる特殊なサイズ(もしかすると20インチ超え?)と若干湾曲しているかのような形状となっていますね。

スポンサーリンク

しかも、このワイド過ぎるスクリーンはセンターダッシュボードにまで伸びており、その下には独特のデザインとなる4つのエアコンの吹き出し口が配置されていますね。
吹き出し口周りは高級感を演出するカーボンファイバパーツを使用。
かなり独創性の高い室内空間を提供するのではないかと思われますが、一体どのような形にてスクリーンを配置し、ドライバーズシートから見る光景としてはどのような配置となるのかも非常に気になるところですね。

なお、この個体は、11月27日からのロサンゼルスオートショー2017にて世界デビュー後、来年3月にはドイツディーラを中心に販売がスタートします。

関連記事:メルセデスベンツ・新型「CLS」のティーザー画像が公開に。LAオートショーにてデビュー

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう