StarkeUSAがメルセデスベンツAMG「GT S」ベースのカスタムモデル「GT RS」を公開に

ドイツにて、何とも派手なカラーにワイドボディ化されたメルセデスベンツAMG「GT S」が登場。
こちらの個体、カーデザイン等を手掛けるチューナーのStarkeUSAが施したもので、車両名称は「GT RS」に改名。
ベース車両は上述の通り「GT S」なのですが、見た目的には「GT R」でも「GT S」良いという意味合いから両方の末尾をとって「GT RS」と呼んでいるとのこと。

スポンサーリンク

今回、StarkeUSAがカスタムしたのは、フロントバンパーやサイドスカート、パネル、フェンダー、リヤディフューザー、スポイラー、更には20インチ合金ホイールを装着したワイドボディキットを揃え、各種パーツ部には可能な限りカーボンを使用しています。

ホイールにもカーボンファイバが使用され、軽量化だけでなく強度も向上させることで、安定した走りを追求(実際のところ向上しているかは不明ですが)。
その他足回りにおいてもカーボンセラミックブレーキを使用し、キャリパカバーはゴールド(ブロンズにも見える)を採用。

また、ボディカラーについてはガルフデザインを採用し、ド派手さだけでなくスポーティも向上。以前、ポルシェの究極のチューニングモデル「9ff GT9 CA」にも似たカラーデザインとなっていますが、こういったターコイズブルーとオレンジの組合わせというのは海外では非常に人気が高いとのことです。

関連記事:究極の400km/h超え。ドイツにて、ポルシェ「9ff GT9 CS」が目撃される【動画有】

【Widebody Mercedes AMG GT RS by Starke USA!】

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう