燃費記録。レクサス「CT200h F SPORT」167回目給油 2017年11月22日(水)

※これまで燃費記録は、みんカラの燃費記録にて保存してきたのですが、みんカラ運営よりアカウント強制削除されたことにより、今後はこちらへの燃費記録の投稿となります。
ただし、みんカラの投稿履歴から給油回数の記録が残っていましたので、給油回数はそのまま継続した形にて投稿させていただきます。

スポンサーリンク

レクサス「CT200h F SPORT」が2017年11月22日(水)に167回目の給油を迎えました。
燃費記録は以下の通りとなります。

【燃費記録】
走行距離:823.7km
総走行距離:161713.0km
給油量:46.34L
実燃費:17.78km/L
燃料タイプ:ハイオク
燃料単価:137円

【燃費記録考察】
167回目の燃費記録。
前回給油が11/17(金)だったので、今回は7日目にしての給油となりました。
以前、新たな試みとして、レギュラーではなくハイオク仕様のガソリンを給油することとなり、実際にオクタン価の高いガソリンを投入することによる、走行性の違いや燃費などに、影響をもたらしたのかどうかを確認してみたところ、結果的に何も変化せず(むしろ燃費は過去最悪の18.4km/L)。
正直、ここ最近の外気温が常に一けた台ということもあって、ハイブリッド走行するケースが圧倒的に減り、更には走行せずにエンジンを掛けっぱなしにするケースが(しかも暖房やシートヒータも付けているため、バッテリの消耗が激しくガソリンの減りも)増えてしまったため、より燃費は悪化する一方。
今回の結果を持って、これは明らかに私の走行の仕方や無駄なエンジンのかけっぱなしが起因した影響もあるため、来年の3月末までは一切ハイオク給油することは無いと決心。
今後は継続してレギュラーを給油していきたいところですね。

ちなみに、上述の通り走行中ないしは停車中の暖房(27℃設定、風量1、足元のみ)とシートヒータ50%に設定した状態ではEVバッテリーの減りが早く、ハイブリッド走行の時間も段々と少なくなっているように感じられますね(っというか今回はほぼアクセル踏み気味だったので、EV走行はほぼ無し)。

今回も普段の通勤ルートに加えて兵庫~京都~福井~京都~兵庫を走ったわけですが、それでも給油する必要もなく余裕で走行できるのはハイブリッドのありがたいところですね。
なお、給油警告灯が付き始めたときの走行距離は620kmを記録していたので、そこから更に約210km走行しましたが、ガス欠の心配は全く無し(給油量も46.34Lであったため、自身の経験則から行くと給油口ギリギリまで投入すれば最大約48Lは給油できる)。

今回、パネル表示上の給油後平均燃費は18.4km/Lと過去最悪の記録。
ちなみに、パネル表示上の燃費は18.4m/Lに対して、実燃費は17.78km/Lであったため、そこまで大きくはないー0.62km/Lの誤差となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう