その名も「パナメーラ・ネメシス?」メルセデスベンツAMGが謎のハイブリッドモデルを公開

メルセデスベンツAMGの4ドアクーペに位置するスポーツモデルとして「パナメーラ・ネメシス」と呼ばれる謎のコンセプトモデルが、来年3月のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて公開されることがわかりました。
自動車ニュースサイトAutocarによると、AMGの4ドアクーペモデルはEQパワーブランドとして、「GT」ないしは「E63」譲りの排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン+リヤマウントに電動モータを搭載することで、システム総出力810psを発揮し、EVのみでの航続可能距離は31kmとなっています。

スポンサーリンク

車体デザインとしても、「GT R」譲りのパナメリカーナフロントグリルを搭載し、更にはフロントエアインテークを大型化して、フロントスプリッターにはカーボンファイバパーツを装着。
もちろん、サイドスカートやリヤディフューザーにもカーボンファイバパーツを装着することで、空力性能を高めるだけでなく、最小限の軽量化に収めています。

リヤマフラはセンター1本出し(もしくはマフラカッタ内にツイン出し)と思われ、リヤテールランプは長細いポルシェ風デザイン。
骨格を引き締めるリヤバンパーベゼルは、レクサス「LC」にも似た引き締まりのある筋肉質なボディですね。
ホイールデザインについては、フロント・リヤ共に20インチホイールを装着しますが、駆動方式は恐らく後輪駆動(FR)と思われ、リヤのタイヤ幅が太目になると思われます。
上述の通り、この個体は来年3月のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて世界初デビュー予定となっています。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう