またまたやってくれたぜBMWアブダビ。お次はロングビーチブルーの「M760Li」を公開

これまで、ブルーやイエロー、グリーン、ブロンズといった奇抜なボディカラーに身を纏った個体をカスタム・公開してきたBMWアブダビですが、今回はMスポーツ部門の中でもエントリーモデルに位置する「M2」にも採用のロングビーチブルーカラーに身を纏った「M760Li xDrive」が公開に。
BMWのブルーカラーといえば、エストリルブルーが印象的で、このカラー名称はポルトガルのエストリルサーキットが由来となっていることでも有名。しかし、今回は敢えて「M2」専用でもあるロングビーチブルーを採用することで、ラグジュアリー志向の個体をスポーティ且つユーモアある一台に仕上げることでBMW本来のユニークさがあらわれていますね(ユーモア差は事業内容の一つとしても取り上げられている)。

スポンサーリンク

そんなロングビーチブルーに身を纏った「M760Li xDrive」ですが、アフターパーツメーカである3DデザインのMパフォーマンストランクリッドスポイラーやカーボンファイバミラーに加えて、リキッドブラックの21インチマルチスポーク629ホイールといったパフォーマンスボディキットを装着。
特にエアロキットおいてはボディカラーと同色となっているため、まるでエアロを装着していないかのような一体感を見せており、しかしながら全体的にワイドでありながらもローを意識したドッシリ感のあるスポーティな一台へと仕上げられていますね(この辺りの違和感のない雰囲気作りは3Dデザインの得意分野)。

若干わかりにくいですが、足回りにおいても専用スポーツサスペンションを装着することでローダウンと硬めの乗り心地の追求で走行性能を向上。ブレーキキャリパカバーはブルーカラーとボディカラーと同色となります。

リヤデザインも非常に落ち着きがあり、しかしながらブラックのリヤバンパーを装着することで、メリハリを付けたスタイリングを演出。
ノーマルでありながらもノーマルに見えないところも「M760Li xDrive」の一つの魅力ではありますね。

インテリアは、ダークローズ系のフルレザーシートを採用。
ホワイトのカラード&ダイヤモンドステッチによって施され、これがまたスポーティさだけでなくラグジュアリーさを提供していますね。
意外にもカーボンファイバパーツに頼らないところ、そして無理な高級感を演出しない3Dデザインの素直なカスタマイズはかなりの好感を持つことができますね。

【関連記事】
BMWアブダビが、今度はアルピナ「B4S」をカスタム。「M4」譲りのグリーンを採用へ
外装・内装共に過激レッド。BMWアブダビにてスポーティな「M760Li」が登場
これはイケてる。BMWアブダビが鮮やかなブルーの「M2」に装着したアグレッシブなエアロキットを公開
これまたド派手な。BMWアブダビにてオースティンイエローの「M760Li」が登場
これは美しい。BMWアブダビにて、今度はブロンズカラーの「M760Li xDrive」が登場
BMWアブダビにてアトランティスブルーの「M3」が公開。Mパフォーマンスパーツでまとめられたスポーツクーペ
BMWアブダビがいかにも速そうなスピードイエロー「M3」を公開
BMWアブダビが「X6M」専用パフォーマンスキットを公開。カーボンをふんだんに多用
BMWアブダビがアフターマーケットパーツを用いた「X6M」を公開に
BMWアブダビにて、鮮やかなエストリルブルーのBMW「M760Li xDrive」が公開に
中東らしい。BMWアブダビがACシュニッツァー仕様の「i8」を公開
中東らしくない。BMWアブダビが「435iコンバーチブル」の特別仕様車を公開

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう