日産「セレナNISMO」が遂に販売開始へ。価格は約341万円から、足回りもがっちりスポーツ仕様

以前、東京モーターショー2017にてワールドプレミアした日産のスポーツミニバンモデル「セレナNISMO」が販売スタート。
今回発表される「セレナNISMO」は、実用性を一切犠牲にすることなく、走行性能等を向上させるミニバン(つまりは性能重視)であるとして、外観についても、下回りのレッドのアクセントとVモーショングリル、スポーティな足回りへと変化させていますね。

スポンサーリンク

今回新しく販売される「セレナNISMO」は、鋭さが増したデイタイムランニングが備えられ、更にはカスタムフロントバンパーによるアグレッシブなデザインを表現。上述にもある通り、下周りにはレッドのアクセントが加えられているため、スポーティな印象を与えるだけでなく、若々しさをもたらすスポーツミニバンとして、比較的若い層から高齢層までが愛着を持てるような一台ではありますね。

また、今回公開されている個体は、ホワイトボディカラーをベースにAピラーから上部についてはブラックのツートンカラーにペイントすることでスポーティなデザインへと一新。
リヤにおいても、”NISMO”バッジの貼付とリヤディフューザーが装着されることでハードな見た目へと強化していますね(やり過ぎないデザインであるところがグッド)。
タイヤについては、ブリジストン製アドレナリンRE003タイヤを装着し、サイズとしては205/50/R17となります。

内装も中々にスポーティな仕上がりですね。
3スポーク式ステアリングホイールにはアルカンターラを使用しており、シフトノブは本革、7インチディスプレイ、そしてレッドのアクセントを加えたカラードステッチがスポーティさを強調しています。
おまけにシートもバケットタイプで、とてもミニバンとは思えないほど。
しかしながら、こちらの個体は(新型「リーフ」にも搭載の)プロパイロットシステムを備えた半自律走行型のイージーなミニバンでもあります。

パワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒ガソリンエンジンを搭載し、最高出力・最大トルクは共に不明となっています。ただ、スポーツマフラ並びにECUチューンが含まれているため、従来の最高出力150psを超えることは確実。
足回りにおいても、ショックやバネ、スタビライザー、クロスメンバー、オフスイッチ付VDC(車両ダイナミクスコントロール)を組み込んだカスタムサスペンションもパッケージングされており、非常にがっちりとした足回りを提供するとのことです。
なお、価格は341万9,280円からとなっています。

【関連記事】
この発想は無かった。日産が「セレナNISMO」を東京モーターショーにて発表する模様
日産が東京モーターショー前に「セレナe-Power」を先行公開。半自律駆動技術も採用に

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう