レクサス「CT200h F SPORT」のオイル交換並びに下取り査定の予約完了。併せて1日代車をお借りすることを検討中

早いもので、自身の所有するレクサス「CT200h F SPORT」も新車購入して2年8か月が経過しようとしています。
その間の走行距離は遂に16万kmを走破してしまい、それに併せて交換したエンジンオイルの回数は17回。レクサスが推奨するエンジンオイル交換頻度は、走行距離7,500km(マージンを見ても15,000km)となるわけですが、オイル交換にかかる費用はレクサスの新車車両価格に含まれているため、3年目の初回車検までであれば、何度交換しても無料となるわけですね。
そのため、同車は約16万km走行してきましたが、オイル交換(オイルフィルタ)、ワイパーゴム等の消耗品交換については一切支払いをしておらず、全て無料にて対応いただいています(もちろん、このサービスは全国のディーラにて共通です)。

スポンサーリンク

そんなこんなで、今回「CT200h F SPORT」の18回目のエンジンオイル交換予約をレクサス宝塚さんにて行い、これに併せて同車の下取り査定も行っていただくことに。
時間的にはそこまで多くかからないものの、この日は別の予定が入っているため、車をディーラに預けてすぐ後にするわけですが、その間にどうしても代車が必要に。
セールスさんには事前に確認はしていたのですが、現時点で代車として提供可能となるレクサス車両は以下の通り。

【GS】・・・GS450h version L(ソニックチタニウム)/GS300h F SPORT(グラファイトブラックガラスフレーク)
【HS】・・・HS250h version C(ディープブルーマイカ)
【IS】・・・IS300h(グラファイトブラックガラスフレーク)/IS300 F SPORT(ヒートブルーコントラストレイヤリング)/IS300h version L(レッドマイカクリスタルシャイン)
【RC F】・・・RC F Carbon Exterior package(ラヴァオレンジクリスタルシャイン)
【CT】・・・CT200h F SPORT
【RX】・・・RX200t F SPORT(ディープブルーマイカ)

上記以外の車種となる新型「LS」や「LC」「NX」は代車の対象外になるとのことで、「LX」はもちろん展示車両のため除外。
そうなってくると、この中で一番魅力のある一台ともなると、必然的に「RC F Carbon Exterior package」となってきます。

この個体は、過去に一度試乗したことがあるのですが、その時のインパクトは非常に大きかったですし、何よりも5L V8エンジンを搭載した後輪駆動(FR)モデルであることから、操作することの楽しさが一番わかる一台ではないかと考えています。
現在こちらの車種を代車として交渉中ですが、セールスさん曰く特別な理由がない限り、又は一部改良によりこの車両が認定中古車として出品されない限りは問題ないとのこと。

関連記事:意のままに車を操作できる歓び。レクサス「RC F Carbon Exterior package」に試乗する

なお、この個体を代車として提供いただく日は12月頭となりますが、大きく懸念しているのはやはり天候。
12月初めともなると、日中・夜間の気温が一気に低くなり、路面の凍結の恐れもあるため、後輪駆動モデルの「RC F」にとってはかなり不利な立ち位置になるため、この辺りは当日の天候を見つつ改めてセールスさんと相談していく必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう