日本メーカ >ホンダ/アキュラ

ホンダ「S2000」の後継モデルは「ZSX」にて商標登録済み。併せてクールなレンダリング画像も公開に

以前から噂されていたホンダの後輪駆動(FR)2シータスポーツクーペ「S2000」の後継モデルが、2019年に市販化されるかもしれないとの噂が浮上。
これに併せて、ホンダは「S2000」の後継モデルとなる名称を「ZSX」にて商標登録していることが判明しましたが、自動車ニュースサイト"Response"も、同車の予想レンダリング画像を公開。

今回公開されている「ZSX」は、あくまでも予想レンダリングとなるため、アンオフィシャルの画像ではあるものの、フロントエンドデザインを確認する限り、同社のハイブリッドスーパースポーツモデル「NSX」を大きく踏襲していることが確認できますね。

スポンサーリンク

大きく印象的なのは、ホンダの象徴でもあるソリッドウィングフェイスを取入れ、更にはエアロダイナミクスを大幅に向上させるであろうカーボンファイバ製フロントスプリッターを装着(恐らく、サイドスカートやリヤディフューザーもカーボンファイバパーツを使用)。
「NSX」を踏襲するフロントヘッドライトとは別に、大きなコの字型を描くデイタイムランニングライトを搭載することで、ダイナミック感とスポーティさ、そして新規性を追求。
まさしくホンダが最先端を突き進むニュー・フィロソフィとも言えますね。

パワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力400psを発揮する過激なスーパースポーツとして登場する可能性が高いとのこと。
ボディパネルは、カーボンファイバパーツを流用するとのことで、車体重量も1,000kg以下にて仕上げてくるとのことから、これまで登場してきたホンダ「シビック・タイプR」や、スバル「WRX STI/S207/S208」といった2.0Lターボモデルを大きく突き放す最強モデルとして、国産スポーツの頂点に君臨する可能性がありそうですね。

なお、今回公開されている個体の名称が、どうして「ZSX」なのか、どういった略称となっているかは不明ですが、「NSX」をベースとした名称であることは確か。
既に最新モデルとして登場しているハイブリッドスーパースポーツモデルの「NSX」は、"New SuperCar X"の略称となっており、特に"X"とは未知数ないしは無限の可能性を表現。
(ちなみに、フェラーリのトラックモデルとなる「FXX/FXX K」の末尾の"X"も同じ意味)

【関連記事】
ホンダが2ドアオープンモデル「S2000」の後継モデルを発表する?との噂
ホンダ・新型「S2000」の新たな情報を公開。東京モーターショー2017にて登場の噂、2Lターボで320馬力を発揮か
ホンダ「S2000」の予想レンダリングが公開。東京モーターショーにて復活か?

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >ホンダ/アキュラ
-, , , ,