ランボルギーニ「ウルス」の量産モデルをイメージしたレンダリング画像が公開に。ほぼこれで決定?

先日、ランボルギーニの新型SSUV「ウルス」のティーザー映像にて、センターナビゲーション画面に量産モデルと思わしき画像が公開されてしまいましたが、この映像をもとに、デジタルアーティストのX-TomiDesign氏が、待ってましたとばかりに早くも量産モデルのレンダリング画像を公開しました(もしかすると、今回のレンダリング画像がそのまま市販化される可能性も)。
今回公開されたレンダリング画像は、5年程前にワールドプレミアしたコンセプトモデル通りのデザインに見えますが、その一方でいくつかのアップデートも確認できています。

スポンサーリンク

レンダリング画像にて公開の「ウルス」ですが、コンセプトモデルよりもフロントヘッドライトがやや複雑化しており、特にフロントバンパーやエアインテーク部の複雑化された形状を見てみると、「ウラカン」や「アヴェンタドール」とは異なるSSUVらしいダイナミックさとアグレッシブさを兼ね備えているように感じますね。

その他については、四角形のホイールアーチやシャープ且つ狭めのウィンドウ、「ウラカン」にも採用されるジアーノ風鍛造ホイール、そしてトップルーフからルーフエンドにかけて下る流線形についても非常に思い切ったデザインではありますね。

なお、12月4日に発表される「ウルス」ですが、気になるパワートレインは排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力660ps、最大トルク850Nmを発揮予定となっています。
その後、PHVモデルも発表されるかと思いますが、こちらについてはV型6気筒エンジンに電気モータを搭載するハイパワーモデルとして登場が期待されており、最高出力は「アヴェンタドール」に並ぶ700psを発揮する可能性が高いとのこと。

【関連記事】
公開事故?ランボルギーニ「ウルス」の最新ティーザー映像にて、量産モデルのデザインが映し出される事故【動画有】
ランボルギーニ「ウルス」のスペックが明らかに。0-100km/hはスーパーカー顔負けの3.3秒
ランボルギーニ「ウルス」のティーザー映像が更に追加。今度は「Terra(大地) Mode」にて最高のオフロード走行を【動画有】
ランボルギーニ「ウルス」のティーザー映像が追加。今度は「Neve(雪) Mode」にて安定した走りを
ランボルギーニ「ウルス」のティーザー画像が公開に。走行モードは6種類、「Sabbia(砂) Mode」も搭載の万能型だ
ランボルギーニ「ウルス」の開発車両がニュルを走る。デザインもほぼ確定か【動画有】
ランボルギーニ「ウルス」は先にV8ツインターボのみを販売する模様。その1年後にプラグインハイブリッドモデルをラインナップへ【動画有】
ランボルギーニが「ウルス」と専用の新設工場を紹介するティーザー映像を公開。「ウルス」にかける意気込みが凄い【動画有】
ランボルギーニ「ウルス」は12月4日に正式デビュー。併せてティーザー動画も公開に【動画有】
ランボルギーニ「ウルス」の開発責任者「ウルスはニュルブルクリンクにてSUV最速モデルになる」

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう