米国メーカ

アメリカ・Ariaのハイブリッドスーパーカー「FXE」が世界初公開。最高出力は1,000馬力超え

2017/12/02

先日、アメリカの自動車メーカ・Ariaグループが、シボレー「コルベット」をコンセプトとしたミドシップエンジンモデルとなるスポーツモデル「FXE」を、先日より開催中のアメリカ・ロサンゼルスオートショー2017にて遂にアンヴェール。

外観としては、シボレー「コルベット」をコンセプトにしているというよりも、イタルデザインの「ゼロウノ」やランボルギーニ「アヴェンタドール」を意識したかのような攻撃的なデザイン。フロントのヘッドライトは小型LEDを採用していますね。

スポンサーリンク

サイドを確認していくと、非常にスタイリッシュではありますが、カーボンファイバ製フロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザーを装着していることにより、アグレッシブさは全く損なわれてはいない様子。
現時点で、ドアの開き方としては横開きなのか、マクラーレンのようなバタフライ・ドアなのか、それともランボルギーニ「アヴェンタドール」のようなシザードアなのかは不明。

リヤデザインも何とも過激。
非常にコンパクトなリヤテールランプに、その周りにはカーボンファイバパーツを流用したエアダクトが大きく占めています。
リヤディフューザーと一体型となるマフラは、45度傾けての独創的な配置となっていますね。
ホイールも、まるで蜘蛛の糸を意識したかのような独創的なデザインで、タイヤにはオレンジのレタリング付き(ピレリのP ZEROコルサを装着?)となっています。

この個体は、2ラインナップ用意されるとのことで、一つは「FE」という名称にて登場予定で、パワートレインは排気量6.2L V型8気筒自然吸気エンジン+電気モータを搭載し、後輪駆動から電力を供給することでシステム総出力を強化するハイブリッドモデルとなります(スペックは不明)。

そして、もう一つのレンジトッピングモデルとなる「FXE」が、同じ排気量6.2L V型8気筒エンジンを搭載し、アキシャルフラックス誘導電動機と組み合わせることで、最高出力730psとシステム出力548psを複合することでシステム総出力 約1,166ps、最大トルク1,785Nmというとんでもないスペックを持つ一台になるとのこと。
ちなみに、「FXE」の0-100km/hの加速時間は2.7秒、最高時速338km/hにまで到達する模様。
なお、リチウムイオンバッテリパックは10kWhを搭載、トランスミッションは7速又は8速ATデュアルクラッチとなることが予想されています。

シャシーはカーボンファイバモノコックを採用し、カーボンボディパネルと多数の3Dプリンタ技術とチタンパーツを複合することで、軽量且つ高剛性の一台を生み出すとのこと。
「FE」「FEX」はそれぞれ生産台数400台以内にて製造する予定で、2019年後半には納車する計画を立てているとか。
価格としては、驚異の1.2億円以上になるとのことです。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:Ariaが謎のスポーツカー「FXE」を11/30に発表へ。シボレー「コルベット」をコンセプトとするミドシップモデル

自動車メーカのAriaグループが、シボレー「コルベット」をコンセプトとしたミドシップエンジンモデルとなる新たなスポーツモデルのティーザー画像を公開し、来週(11/30)より開催のアメリカ・ロサンゼルスオートショー2017にてその姿をアンヴェールすることが判明しました。

今回公開されているティーザー画像は、「FXE」の名称が付けられた個体のリヤデザインを確認することができ、細部を見ていくと現行のシボレー「コルベットC7」を意識したかのようなスリムなリヤテールランプであることが確認できますね。
その他にはガラス製エンジンカバーとブレーキライト、ライトブルー又はシルバーの塗装仕上げ、アグレッシブなホイールアーチとウィングミラーも確認することができます。

パワートレインについては、「コルベット」をベースとした排気量6.2L V型8気筒スーパーチャージャーを搭載し、最高出力660ps、最大トルク881Nmを発揮。パフォーマンス面については現時点で全てが不明となっていますが、価格帯としては2,000万円程度から?との情報も浮上していますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ
-, , , ,