お次はリバティーウォークがアウディ「R8スパイダー」を過激カスタム。航空宇宙グレードの鍛造ホイールを装着だ

日本を代表する過激チューナ・リバティーウォーク(LB Performance)が、アウディの上位スポーツモデル「R8スパイダー」をカスタム。
族車をコンセプトとするリバティーウォークですが、今回ピックアップしている個体は、タイ王国に存在するレッドカラーの「R8スパイダー」で、この個体にセットアップされるボディキットは、フロントとリヤに過激な外付けリベット留めのオーバーフェンダーを装着し、最新専用スポーツサスペンションによってローダウン。
更には、今回はForgiatoではなくPURの超高級ホイールを装着しています。

スポンサーリンク

PURがラインナップするホイールは、航空宇宙グレードとなる6061-T6タイプの鍛造アルミホイールで、要求特性としては高強度に位置し、鍛造性・切削性・耐食性に優れた万能型となります。
そんな万能型を用いたモデルが「LuxuryシリーズⅠ LX04」で、フロントが19インチ×9j、リヤ20インチ×12.5jの異径タイプで、ダブル5スポークでありながら拡張された凹形の輪郭を持ち、艶消しの無煙炭及び光沢のある無煙炭の粉末コーティング剤を混合させ、何とも個性的なデザインを表現。
レッドカラーのスパイダーには持って来いのデザインですね。

サイドから見ても、最適なローダウンを施しており、車体側面とホイールとのツラ具合はもちろん、タイヤがフェンダーによって被さらない美しい仕上がりとなっていて、まったくゴチャゴチャしないスタイリッシュな一台にまとめられていますね。

【リバティーウォーク(LB)の人気関連記事】
極太ホイールが強烈。リバティーウォーク仕様のダッジ「チャレンジャー」が公開に
世界でたった1台。リバティーウォーク(LB)仕様のランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が遂に完成
BMW「M4」をリバティーウォーク(LB)仕様に過激チューン。ホイールは20~22インチまで対応可能
リバティーウォークがカスタムしたホンダ「NSX」。ローダウン&オーバーフェンダーレスを改めて画像にて
ホンダ「S660」のリバティーウォーク(LB)仕様が遂に登場。オバフェン効果でスマートスポーツから極悪スポーツへ
リバティーウォーク(LB)仕様のフォード「マスタング」が10月9日のJ NATIONにて登場。ティーザー画像も公開
ビバリーヒルズにて、リバティーウォーク(LB)仕様のランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃に。これが世界で活躍するLBだ
ホットピンクのリバティーウォーク(LB)仕様・ランボルギーニ「アヴェンタドールSVロードスター」が公開。所有者はあの有名な日本人
こいつはかなりヤバい。ロンドンにて、リバティーウォーク仕様のランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃に

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう