Powered By 画RSS

スーパーカーメーカ >ランボルギーニ

まだまだ出てくる。今度はランボルギーニ「ウルス」をペルフォルマンテ風にしてみたら?というレンダリングが公開に

つい先日発表されたばかりのランボルギーニのSSUVモデル「ウルス」。
早くもハイパフォーマンスモデル「ウルスSV(スーパーヴェローチェ)」やモンスタートラック風の「ウルス」といった特殊なレンダリング画像が公開されてきましたが、今回は「ウラカン」のハイパフォーマンスモデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」風のレンダリングが公開に。
今回、レンダリングを担当したのはデジタルアーティストのX-TomiDesign氏で、基本的なスタイリングは「ウルス」でありながらも、ボディカラーの印象や足回り、そしてカーボンパーツ等は全てペルフォルマンテ風に上手くまとめられていますね。

【関連記事】
ランボルギーニのSSUV「ウルス」が遂に世界初公開。650馬力発揮、価格は2,400万円から
ちょっとやり過ぎ?ランボルギーニ「ウルス」をSV風にしたら?というレンダリング等が公開に

スポンサーリンク

ボディカラーはグリーン系の「ヴェルデ・マンティス」を採用し、ドアサイドパネル下には三色のイタリアントリコローレストライプを見事に配色。
さらにその下はボディカラーと同色のフルエアロキットを装着することで、空力特性を向上させています。

ホイールは「ウラカン・ペルフォルマンテ」にも採用のセンターロック式鍛造ホイール「Rims Loge forged 20" with black central locking」。
これまでは5穴固定式だったものが、いわゆる"センター1穴固定式"を採用。
足回りにはカーボンブレーキ、ブレーキキャリパカバーはボディカラーと同色のグリーンを採用していますね。
可動式のカーボンファイバ製リヤウィングもペルフォルマンテ仕様となっていますが、意外にもSUVにマッチしており、個人的にはスパルタンな一台として販売しても違和感のない一台だと思いますね。

【X-TomiDesign関連の記事】
ランボルギーニ「ウルス」の量産モデルをイメージしたレンダリング画像が公開に。ほぼこれで決定?
早くも登場。テスラ「ロードスター」をシューティングブレーク風にしたら?というレンダリング画像が公開に
これ凄く良い。シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」のレンダリング公開&開発車両を捕捉
早速登場。「ポールスター1」をコンバーチブルにしたら?というレンダリングが公開に
これってどうなの?ジェネシス「G70」をスポーツワゴン風にレンダリングしてみた
これエエやん。日産・新型「リーフ」をニスモ風にしたら?というレンダリング画像が公開に

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ
-, , , , ,