Powered By 画RSS

日本メーカ >トヨタ/レクサス

レクサス「RX450hL」が遂に国内販売スタート、3列シート&versionLの1グレードのみ。「RX」も一部改良へ【動画有】

先日、アメリカ・ロサンゼルスオートショー2017にて発表されたばかりの、レクサスのミドルサイズSUVでありながらも新グレードとなる3列シートタイプの「RX L」が遂に日本でも販売スタートに。
この個体は、5人乗員可能となる2列シートタイプから全長を+110mm延長することで3列シートに変更し、最大乗員数7人へと拡大したロングモデルとなります("RX L"はRadiant Crossover Longの略称で、Crossoverは交錯する意味も含めて"X"に置き換えています)。
同モーターショーでは、「RX350L/RX450hL」の2グレードが発表されましたが、日本にて販売スタートとなるモデルはハイブリッドモデルの「RX450hL version L(AWD)」の1グレードのみとなります。

関連記事:レクサスの3列シートタイプ「RX L」が遂に世界初公開。全長+110mm、価格は約570万円から

スポンサーリンク

上記にも記載の通り、今回のロングタイプでは、良好なヘッドルームを保証するために、より傾斜のあるテールゲート窓の角度を応用して、全長を+110mm延長し、全長4,890mm→5,000mm×全幅1,895mm×全高1,710mmとなり、ホイールベースは2,790mmとそのままになることで、リヤオーバーハングが長くなったという印象になります。

インテリアについては、ミニバンのような快適性を持たせるためにセカンドシートのレバー操作により、シートを前倒しにしてシートを前方に移動することができ、サードシートへのスムーズな乗降りが可能となっています。

快適性を持たせているのは、スペースだけでなく機能性にも一工夫。
これまで中々採用されてこなかったサードシート(左右)のデッキサイドに風向調整付きとなるエアコンの吹き出し口と温度並びに風量調整可能な操作パネルも標準装備。
特にサードシートは身長の低い女性や子供が乗員することが予想される(身長目安としては160cm以下)ため、温度に敏感に感じる女性や子供にとってはとても有り難い装備ですね。

そして、サードシートを倒しての室内空間も広々。
トノカバーをデッキ床下に収納することが可能で、7人乗車時でも十分なスペースを確保。
多才ならラゲージスペースはもちろんのこと、シート分割可倒となっている、収納するモノや用途に応じて居住空間を変化させることも可能となっています。

なお、ボディカラーは従来のversionLと同様に「ソニッククォーツ」「プラチナムシルバーメタリック」「ソニックチタニウム」「ブラック」「グラファイトブラックガラスフレーク」「レッドマイカクリスタルシャイン」「スリークエクリュメタリック」「アンバークリスタルシャイン」「ディープブルーマイカ」の全9色をラインナップ(全て無償オプション)。

今回の「RX450hL」の追加ラインナップにより、2列シートタイプの「RX」も一部改良へ。
ガソリンモデルとなる「RX200t」は「RC/NX/GS」と同様に「RX300」に名称変更し、18インチアルミホイールをメタリック塗装へと改良したとのことです(それ以外の変更は特に無し)。

なお、価格帯としては以下の通り。

【ガソリンモデル】
RX300・・・(FF)4,972,000円/(AWD)5,232,000円
RX300 F SPORT・・・(FF)5,801,000円/(AWD)6,06,100円
RX300 version L・・・(FF)5,961,000円/(AWD)6,221,000円

【ハイブリッドモデル】
RX450h・・・(FF)6,047,000円/(AWD)6,307,000円
RX450h F SPORT・・・(FF)7,176,000円/(AWD)7,436,000円
RX450h version L・・・(FF)7,036,000円/(AWD)7,296,000円

【ハイブリッドロングモデル】
RX450hL versionL・・・(AWD)7,690,000円

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >トヨタ/レクサス
-, , , , ,