オペルが「カスケーダ」の新バリエーションモデル「シュプリーム」をパリモーターショー2016にて公開

2016-10-08

20160917_3_%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%80

オペルは、コンパクトクラスのオープンカー「カスケーダ」の新バリエーションモデル「カスケーダ・シュプリーム」を、9月29日開幕のパリモーターショー2016にて披露することを発表しました。

スポンサーリンク

この「カスケーダ・シュプリーム」は、ツートーン仕上げの20インチアルミホイールやブラックアウトされたフロントグリルとミラーハウジングなどでエクステリアを通常モデルと差別化が図られており、インテリアにもコントラストステッチを施すなど、ややプレミアムな仕立ての仕様であるとのこと。
なお、ボディカラーには、赤と白と黒の3色が設定されているとのことです。

20160917_1_%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%80

20160917_2_%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%80

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう