マツダが限定300台のみの「ロードスター/MX-5 Zスポーツ」を発売。但し、イギリスのみでの販売だ

マツダの2シータスポーツクーペ「ロードスター/MX-5」より、イギリス限定となる300台のみ生産の「ロードスター/MX-5 Zスポーツエディション」が、来年の3月1日より販売開始することがわかりました。
同車は、マシーン・グレーメタリックのボディカラーに身を纏い、ディープチェリーレッドのファブリック製ソフトトップルーフを備えた自動開閉式のロードスタースタイル。

サイドデザインを確認していくと、コンパクトスポーツ2シータモデルでありながらも、ロングホイールベースにフロント・リヤオーバーハングは短めと、前後の重量配分のバランスが上手くとれているように感じられますね。

スポンサーリンク

基本的なスタイリングに変化はないものの、スタイリッシュさとスポーティさを兼ね備えたモデルだけあって、やはりイギリスでも人気は相当に高い模様。

足回りには17インチのブラック仕上げBBSホイールに、シンプルなシルバーのブレーキキャリパーを装備。
特にマルチスポークタイプのBBSホイールが標準にて装備(おまけにBBSキャップ付)されるというのは中々珍しいように感じますね。しかもホイールは4穴式。

インテリアには、ライトブラウン系のレザーシートを備え、Zスポーツブランディングのフロアマットやドアサイドシルにも特別な刺繍が施されることに。
ダッシュボードには、生産台数300台と何番目に生産されたかの番号も表記されることに。

「ロードスター/MX-5 Zスポーツエディション」のパワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力158hpを発揮。
なお、この個体には、リミテッドスリップディファレンシャルやビルシュタイン性ダンパー、フロントストラトブレースも装備しています。
Zスポーツエディションの車両本体価格としては約410万円からとなるため、スタンダードモデルが388万円であることから約22万円アップとなります。

【関連記事】
マツダが2018年モデル「ロードスター/MX-5 Miata」を発表。ダークレッドのファブリックルーフをラインナップ
グランツーリスモスポーツの発売を記念して、本物のマツダ「ロードスター」が同梱されるスペシャルエディションが販売に
これ凄い。マツダが車いす利用者を対象に「ロードスター/アクセラ」の手動運転装置車を発売
そういえばこんなのあった。「海と大地」をイメージしたマツダ「ロードスター/MX-5」のカスタムモデル
これはかなり過激。台湾にて、ワイドボディ化されたマツダ「ロードスター/MX-5」が登場【動画有】

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう