Powered By 画RSS

日本メーカ >トヨタ/レクサス

トヨタ・新型「アヴァロン」のティーザー画像が公開。まるでランボルギーニのようなY型LEDを採用?

来年の1月より開催予定となっているアメリカ・デトロイトモーターショー2018にて、トヨタ・新型「アヴァロン」の最初のティーザー画像が公開に。
1/15に発表予定となっている、新型「アヴァロン」ですが、ほぼ再設計が施されるとのことでスタイルとダイナミズムを重要としたスポーツセダンになるとのこと。
トヨタは、あまり「アヴァロン」に関する情報は公開していないものの、FFモデルの最上級セダンとして北米では非常に人気の高い車種。今回の新型モデル発表は非常に重要な立ち位置になると推測。

スポンサーリンク

なお、今回のティーザー画像からも確認できる通り、何とも特徴的なY型LEDシームレスライトは、近年のランボルギーニの特徴でもあるため、スポーティ且つラグジュアリさを強調。
おまけに大規模と思われるグリルも垣間見え、アグレッシブなスポーティさと立体感溢れる一台として登場することが期待されています。

プラットフォームは、「カムリ」と同様にTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用し、エンジンオプションも「カムリ」からのキャリーオーバーとなる排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力301hp、最大トルク361Nmを発揮。
そして、排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジン+電気モータのハイブリッドパワートレインは、最高出力208hpを発揮します。

安全装備としては、トヨタセーフティセンスシステムを標準装備し、更には自動ハイビームヘッドライト、車線逸脱警報システム、および歩行者検出機能を備えた衝突前警報システムが設定されることとなりそうです。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:北米市場向けのトヨタ「アヴァロン」のレンダリング画像が公開。ほぼ新型「カムリ」だった件

北米トヨタが販売する前輪駆動(FF)モデルの大型上級セダンであり、北米トヨタのフラッグシップサルーンとして有名な「アヴァロン」の2019年モデルと思わしきレンダリング画像が公開に。

「アヴァロン」は、1992年に販売終了した「クレシーダ」の後継モデルにあたる高級セダンで、密かに日本市場においても初代、2代目と販売していたモデルでもありますね。
ただ、販売するに当たり売り上げはそこまで向上することもなく、最終的には日本国内での販売を取りやめ、後の現行ラインナップにもある「カムリ」がメインにて販売することとなります。

今回公開している新型「アヴァロン」のレンダリング画像を確認していくと、やはりそのフロントエンドデザインは、現行の新型「カムリ」と非常にそっくりであるものの、どこかしらレクサスのシンボルにもなっているスピンドルグリルを継承しており、更にはフロントグリルがメッシュになっているところもレクサスっぽさを強調。

っとは言いながらも、日本のトヨタ「カムリ」「フィールダー」等にも採用しているフロントデザイン「キューンルック」を採用しているようにも見えられ、日本の技術と北米の技術を組み合わせたかのような、いわゆる"良いとこ取り"。

なお、パワートレインは排気量2.5L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力210ps、最大トルク250Nmを発揮と、意外と大人しめのノンハイブリッドモデルとのことですが、近年のアメリカ車両においてもダウンサイジングハイブリッド(フォード「マスタング」「F-150」)を導入することを考えると、日本国内でもラインナップしている直4エンジン+ハイブリッドのラインナップも十分に考えられるとのことで、日本市場に近づけた、まさしく北米版「カムリ」を販売しくていくのではないかと考えられます。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >トヨタ/レクサス
-, ,