Powered By 画RSS

スーパーカーメーカ >マクラーレン

マクラーレンの最新モデル「マクラーレン・セナ」が遂に世界初公開。世界限定500台、800馬力を発揮

マクラーレンのアルティメットモデル「P1」の後継として世界初公開された「マクラーレン・セナ」(コードネームはP15)。
この個体は、マクラーレンのスーパーシリーズ「720S」譲りとなる排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力800psを発揮するノンハイブリッド式チューニングモデルとなります。
同車に搭載されるプラットフォームは、マクラーレンの最新技術となるモノケージⅡカーボンファイバタブ(プロアクティブシャシーコントロールシステムⅡ)が設定され、車両重量は1,300kg以下を実現。これにより、前モデルとなる「P1」のパワーウェイトレシオ比を軽く凌駕するスペックを発揮するのだとか。

スポンサーリンク

なお、今回公開されている「マクラーレン・セナ」のデザインを確認していくと、フロントヘッドライトはやはり「720S」を踏襲しており、今後のマクラーレンの標準的なデザインとして採用される可能性がありそうですね。
ドア開閉方式は、こちらも「720S」同様のディヘラルド・ドアを採用し、ガラス製キャノピーやコンパクトルーフスクープを装備。
フロントロアデザインを確認していくと、エアロダイナミクスは何ともまぁ凄いこと凄いこと。
空力特性を大幅に向上させるべく、敢えてメッシュタイプのグリルを採用せず、気流をダイレクトに後方へと流すシステムを構築。

リヤデザインを確認していくと、「P1GTR」譲りとも言われる何ともド派手な大型リヤウィングを装備。
リヤマフラは、以前から公開されてきたティーザー画像と同様にセンター3本出し、リヤディフューザーは何ともスタイリッシュなカーボンファイバパーツを装備することで空力特性を向上しています。
主にはサーキット走行を想定して作られた公道走行仕様の「マクラーレン・セナ」ですが、今後ニュルブルクリンクでのラップタイム記録も行われる可能性が高く、ポルシェ「911GT2RS」の記録を凌駕することは間違いなさそうですね。

内装は3座シートではなく、2シータタイプを採用ですね。
非常に肉薄とも言われるカーボンパーツを流用したスポーツバケットシートに、敢えてポイントポイントに装備したレザーシートという何ともスパルタンな造りですね。
シートフレーム全体はカーボンファイバを流用しているため、剛性はかなり高め。

コックピットは、こちらも「720S」譲りのリトラクティブ式のインフォテイメントディスプレイを採用。
もちろん、ステアリング周りにはカーボンファイバパーツをふんだんに使用しています。
ちなみに、「マクラーレン・セナ」の車両本体価格は約1.2億円からとなっていますが、既に発表と同時に完売となっています。

なお、車名にもある「セナ」は、1988年、1990年、1991年にF1ドライバのタイトルを獲得したアイルトン・セナ選手の名が由来となっています。

#Senna - Formerly code named #P15 has been revealed this evening in Woking. What are your thoughts? #McLaren #hotoffthepress #McLarenSenna

McLaren F1 Owners Clubさん(@mclarenf1ownersclub)がシェアした投稿 -


【関連記事】
マクラーレン「P1」の後継モデル「P15」が12月10日に世界初公開へ。更にはニュル最速記録を狙えるかも?
ケーニグセグが本気だ。最強PHVモデル「レゲーラ」にてニュル最速記録を狙う【動画有】
マクラーレン「P15」の開発車両を捕捉。馬力も強力で駆動方式もやはり四輪1駆動に?
マクラーレン「P1」の後継モデル「P15」が来年デビュー。ノンハイブリッドの100%ガソリンモデルに
マクラーレンが遂に後輪駆動から四輪駆動へシフト?加速力に限界が見えてきたか

Reference:CARSCOOPS

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >マクラーレン
-, , ,