今度はドバイ警察24時。まだまだランボルギーニ「ウルス」のデザインレンダリングが公開に

以前発表されたランボルギーニのSSUVモデル「ウルス」。
これまでハイパフォーマンスモデル「ウルスSV(スーパーヴェローチェ)」やモンスタートラック風、「ウラカン」のハイパフォーマンスモデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」風、イタリアンポリスカー風と様々なレンダリングが公開されてきましたが、今回はドバイ警察風にデザインレンダリングされた「ウルス」が公開に。

【関連記事】
意外とアリそう。今度はイタリアンポリスカー風のランボルギーニ「ウルス」のレンダリング画像が公開に
ランボルギーニのSSUV「ウルス」が遂に世界初公開。650馬力発揮、価格は2,400万円から
ちょっとやり過ぎ?ランボルギーニ「ウルス」をSV風にしたら?というレンダリング等が公開に
まだまだ出てくる。今度はランボルギーニ「ウルス」をペルフォルマンテ風にしてみたら?というレンダリングが公開に

スポンサーリンク

今回もレンダリングを担当したのは、デジタルアーティストのAksyonov Nikita氏で、イタリアンポリスカーのレンダリングも彼が担当していましたね。
ちなみに、今回公開されているドバイ警察風の「ウルス」はホワイトをベースとしたボディカラーにグリーンを用いたデュアルトーンの装飾と、何とも特徴的なレッドとブルーのデュアルサイレンを用いており、いかにも既に現地で走行しているかの如く、全く違和感のない一台に。

ちなみに、ドバイ警察がランボルギーニ「ウルス」をポリスカーとして採用するかは不明ですが、実際に採用されていてもおかしくはないですし、過去に同署は4年間だけBrabus仕様の「B63S-700 Widestar」というGクラスベースの最高出力700psを発揮の究極のSUVポリスカーを採用していました。
ただし、ランボルギーニ「ウルス」は排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650ps、最大トルク850Nmを発揮し、0-100km/hの加速時間は3.5秒にて到達するも、一方のBrabus仕様のGクラスは0-100km/hの加速時間が4.9秒なので、スペック的には圧倒的に「ウルス」が上となりますね。

ちなみにこちらはオープンタイプの「ウルス・スパイダー」。
ルーフはファブリック製ソフトトップを採用し、ボディカラーは「ウラカン・スパイダー」のイメージカラーにもなっているターコイズブルーの「ブルー・ケフィウス」。
ライトなブルーとブラックのメリハリある組合わせは何とも印象的で、ヨーロッパの街中にて走行していてもおかしくないようなお洒落な一台となっていますね。

【レンダリング関連の記事】
ランボルギーニ「ウルス」の量産モデルをイメージしたレンダリング画像が公開に。ほぼこれで決定?
早くも登場。テスラ「ロードスター」をシューティングブレーク風にしたら?というレンダリング画像が公開に
これ凄く良い。シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」のレンダリング公開&開発車両を捕捉
早速登場。「ポールスター1」をコンバーチブルにしたら?というレンダリングが公開に
これってどうなの?ジェネシス「G70」をスポーツワゴン風にレンダリングしてみた
これエエやん。日産・新型「リーフ」をニスモ風にしたら?というレンダリング画像が公開に

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう