ヴォルシュタイナーがポルシェ「911GT3」をカスタム。カーボンパーツ&ブラックホイールでメリハリ抜群

ポルシェの最新モデル「911(991.2)GT3」を、チューナーのヴォルシュタイナーが早くもカスタム。
今回カスタムの対象となっている「911GT3」は、カーマイン・レッドのボディカラーに身を纏い、「911GT2RS」にあるようなカーボンファイバフードを装備。
しかも、ヴォルシュタイナーはこのフードの装着に加えて、Aピラー付近にもカーボンファイバのアクセントを加えることで、空力特性としてではなく、レッドカラーとのメリハリを加えたスポーティな一台を披露しています。

スポンサーリンク

足回りについては、グロスブラックのヴォルシュタイナー製20インチホイールを装着。
イエローのブレーキキャリパカバーを装着していることから、カーボンブレーキを装備しているため、強力なブレーキング性能を発揮することが可能となっています(しかも、車高もローダウンしているように見える)。

ホイールデザインはダブル5スポーク式となっていますが、これはとにかくカッコいいの一言。
ホイールロックはセンターロック式となっています。

パッと見わかりにくいとは思いますが、GMGレーシング製の特別エキゾーストパイプを装着。
これにより、従来のエキゾーストシステムよりも抜けが向上し、更には軽量化にも貢献。

パワートレインについては特に変更は無く、排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力500ps、最大トルク458Nmを発揮。
トランスミッションは、これまではPDKのみの提供となっていましたが、今回の新型モデルから6速MTもラインナップされることとなっています。

【関連記事】
レッド&ブラックが激しい。テックアートがポルシェの最新モデル「911GT3」を過激カスタム
世界は広い。ポルシェ「911GT3RS」のトランスミッションをPDKからMTにした猛者が登場
ポルシェ「911GT3」がニュルにて7分12.7秒を更新。ポルシェ史上2番目に速いモデルに
ジュネーブにて、2018年モデル:ポルシェ「911GT3」が公開に。デザインも変わりパワーもより向上

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう