なぜこうなった?アルファロメオ「4C」vsアウディ「SQ7」の異色過ぎるドラッグレースバトルが公開に【動画有】

過去これまで、ランボルギーニやフェラーリ、マクラーレンといったスーパーカー/スポーツカーのドラッグレースバトルに関する記事を公開してきましたが、今回は「何でこんな組み合わせになってしまったの?」と突っ込みを入れたくなるほどに異色過ぎるドラッグレースバトルが公開に。
今回ドラッグレースバトルに登場するのはアルファロメオのコンパクト2シータスポーツ「4C」とアウディのハイパフォーマンスSUV「SQ7」。
両車とも、車格も違えばパワーも大きく異なり、用途も全く違う組合わせになるわけですが、それでも「どちらが速いのだろう…?」っと、ちょっと気になるところ。

スポンサーリンク

ちなみに、各車両のスペックは以下の通り。

【アルファロメオ「4C」】
エンジン:排気量1.75L 直列4気筒ターボエンジン
最高出力/最大トルク:240ps/350Nm
0-100km/h加速時間:4.5秒
車両重量(パワーウェイトレシオ):895kg(3.73kg/ps)

【アウディ「SQ7」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ディーゼルターボ+電動コンプレッサーのトリプルチャージャー(マジか!)
最高出力/最大トルク:435ps/900Nm
0-100km/h加速時間:4.8秒
車両重量(パワーウェイトレシオ):2,330kg(5.36kg/ps)

こうしてみると、それぞれスポーツモデルとは言いながらも、「SQ7」に関してはオフロード向けのハイパフォーマンスモデルといった印象で、加速性能に焦点を当てたモデルではないように感じますが、それでもやはり立ち上がりの加速はツインターボエンジン&電動コンプレッサーによるトリプルチャージャーなだけあって「4C」よりもリードする形に。
しかし、後半の加速の伸びや車体重量バランス、空力特性を活かした走りともなると「4C」が何枚も上手で、徐々にその差を縮めることに。

上記にもある通り、車格も違えば、パワーも異なりますし、巡り合うことのない個体同士のドラッグレースバトルではありますが、これはこれで中々に盛り上がる動画で、こうしてみるとアルファロメオ「4C」の走りの質の高さは相当なものであることがわかる内容となっていますね。

【Audi SQ7 vs Alfa 4C DRAG RACE – APEX.TV SHORT [ENG SUB]】

【関連記事】
これは見ものだ。グランドツアーによる「コンセプト・ワン」vs「アヴェンタドールS」vs「NSX」のドラッグレースが公開【動画有】
日産「GT-R」・マクラーレン「540C」・ホンダ「NSX」がドラッグレース。意外にも「540C」速い件【動画有】
そんなに勝ちたい?今度は1,250馬力にチューンアップの日産「GT-R」と帝王・マクラーレン「720S」がドラッグレース【動画有】
ドラッグレース無敗の帝王・マクラーレン「720S」が遂に陥落。その敵はまさかの「720S」だった件
次の獲物はどいつだ?無敵のマクラーレン「720S」が800馬力のダッジ「ヴァイパーACR」とドラッグレース【動画有】
どっからでもかかってこいや。無敵のマクラーレン「720S」が今度はツインターボ/スーチャー化したランボルギーニ「ウラカン」とドラッグレースバトル【動画有】
かなりの衝撃。ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」とマクラーレン「720S」がドラッグレース【動画有】
マクラーレン「720S」は敵なし?日産「GT-R」さえも圧倒されるハーフマイルドラッグレース【動画有】
ランボルギーニ「ウラカン」とマクラーレン「720S」がドラッグレースバトル。「720S」の速さが異常だった件【動画有】
衝撃。マクラーレン「720S」がドラッグレースにてポルシェ「918スパイダー」とブガッティ「シロン」を粉砕【動画有】
840馬力に改造したマクラーレン「650S」と純正720馬力の「720S」がドラッグレース→「720S」が圧勝【動画有】
ランボルギーニ「ウラカン」とマクラーレン「720S」がドラッグレースバトル。「720S」の速さが異常だった件【動画有】

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう