Powered By 画RSS

米国メーカ >シボレー

シボレー・ミドシップモデル「コルベットC8」のエンジンと足回りのCADデータがリーク。エンジンはLT1?

2017/12/16

先日シボレーが発表したばかりのハードコアモデル「コルベットC7 ZR1」が明らかとなった一方で、今度は新型ミドシップモデル「コルベットC8」と思われるエンジンとその足回りのCADデータ画像がリーク。
このデータ画像は、コルベット・フォーラムよりリークしたもので、現行モデルとなる「コルベットC7」から流用されているものや、更なる進化版のコイルスプリングやいくつかのコンポーネントが公開されています。

スポンサーリンク

また、以下のリーク画像については、大規模と思われるブレーキディスクやLT1と思われるエンジンを搭載した車両であると考えられますが、「コルベットC8」は全部で3種類のエンジンがラインナップされるため、今回のモデルは「コルベットC7」にも採用のエントリーモデルになる可能性がありそうですね。

ちなみに、「コルベットC7」に採用のLT1型のエンジンは、排気量6.2L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力466ps、最大トルク630Nmを発揮する、ボアストローク比0.89のショートストローク型エンジン(ボア103.mm×ストローク92.0mm)。
そのため、排気量と気筒数が同一となると、ロングストローク型に比べて低回転域でのトルク特性は劣ってしまうものの、高回転域での充填効率は向上され、更には摺動抵抗も軽減されることから出力の向上が見込めます。
今回のリーク画像では、そういったベースグレードに採用される可能性の高いエンジンが公開されているものの、信憑性を高めることは難しいため、現時点では本当に採用されるかは何とも言えないのが正直なところ。

なお、コルベット・フォーラム経由での資料によると、「コルベットC8」に搭載されるエンジンは、V型8気筒OHVからDOHCに置き換えられ(GMはこのV8エンジンをVE生産することを計画)、更にこのV8DOHCエンジンは排気量4.2L版(最高出力650ps相当)と5.5L版(最高出力850ps相当、最大トルク980Nm相当)の2種類のツインターボエンジンが準備されることがわかっており、もう一つが先ほどのLT1の排気量6.2L V8OHVエンジンとなっています。

【関連記事】
またまたシボレー「コルベットC8」の予想レンダリングが登場。C7ベースのミドシップ風になっただけ?
シボレーのミドシップスポーツ「コルベットC8」にはV8エンジンが3種類登場する模様
シボレーのミドシップモデル「コルベットC8」の予想イメージとバンパーが公開に
シボレーの新型「コルベットC8」の予想レンダリングが公開に。若干フェラーリに見える件
シボレーのミドシップモデル「コルベットC8」が遂に捕捉。ホイールは量産仕様か
シボレー「コルベットC8」は2018年秋頃に発売予定。V8のブロックエンジンを搭載し、価格は約1,000万円程と予想
2019年式・ミドシップのシボレー「コルベットC8」にはエンジンが3種類ラインナップ。その中にHVモデルも
シボレーのミドシップエンジンモデル「コルベットC8」のレンダリング画像が公開に。まるで「488GTB」のようなデザイン?

Reference:CARSCOOPS

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >シボレー
-, , ,