ジープの新型「レネゲート」がリーク。そこまで大幅な変更は無し?

ジープのコンパクトSUVモデルとなる「レネゲート」のフェイスリフト版がリーク。
この画像は、インスタグラムのRenegadejeepsによって投稿された画像になりますが、フロントフェイスについてはそこまで大幅な変更がされていないのが正直なところ。
今回のフェイスリフトにより、フロントのエアインテーク部が新たに追加され、フォグライトが若干中央よりになりましたね。
ただ、厳密に見てみればフロントバンパーグリル部にはメッキ加飾が施され、高級感がアップしているようにも感じられます。

スポンサーリンク

フロントヘッドライトについては、2018年モデルの「ラングラー」にも採用のLEDヘッドライトを模倣。
インテリアについては、かなり限られていてはっきりとわかるものではありませんが、情報によると全く新しいシートを取り込み、ベゼルトリートメントや収納コンパートメント、セレック・テレインシフターが更新されたとのことで、それ以外は特に大きな変更は無い模様。


なお、新型「レネゲート」は、来年2018年後半に発表される予定で、パフォーマンス面の変更があるかどうかは不明。
現在「レネゲート」は、排気量1.4L 直列4気筒ターボチャージャーを搭載し、最高出力160hp、最大トルク250Nmを発揮するローグレード(ディーゼルモデルも有り)と、排気量2.4L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力180hp、最大トルク237Nmを発揮する上位グレードが存在しますが、もしかするとパワートレインはそのままキャリーオーバーという可能性もありそうですね。


関連記事:金沢輸入車ショウ2017に行ってきました。展示車を公開してみる【クライスラー&ジープ編】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう