Powered By 画RSS

米国メーカ >シボレー

その名も「キング・オブ・ヒル」。僅か2台しか存在しないプロトタイプモデルのシボレー「コルベットC4 ZR1」がオークションにて登場

シボレーは以前、「コルベット史上最強」といわれるハードコアモデル「コルベットC7 ZR1」を発表しましたが、実はこの個体よりも更に前となる1989年に、「コルベットC4」をベースとした"ZR1"が登場しており、更には世界で僅か2台しか存在しないプロトタイプモデル(エンジニアリングデータタグ:EX5023)がオークションにて出品されることになりました。
この個体は、「キング・オブ・ヒル」というニックネームが付くハイパフォーマンスモデルを発揮する一台で、量産台数としては僅か63台のみ製造されました。

スポンサーリンク

基本的なスタイリングとしては、「コルベットC4」をベースとしているため、大幅な変更は加えられていないものの、タイヤを収納するためのリヤ造形の変化や、リヤフェイスを丸め込み、更にはフェンダーが外側へと拡大されることでワイド&ローなデザインへと変化。
ホイール(タイヤ)サイズとしては、フロント17インチ×9.5j(275/40ZR17)、リヤ17インチ×11J(315/40ZR17)を装着し、足回りについてもブレーキ性能を強化するために大口径化。

ボディカラーは何とも色鮮やかなブルーで、インテリアもド派手なブルーにてまとめられていますね。
シートはフルレザーを採用し、サイドシルにはアルカンターラを採用する等、高級感は相当に高いように感じられます。

これはかなり特徴的ともいえるコルベットのエンブレム。
普段見かける「コルベット」のエンブレムはクロスフラッグタイプかと思われますが、「C4」に関してはフラッグ同士が連なるデザインとなっていますね。

パワートレインとしては、当時GM傘下にあったロータスによって設計・開発のLT5型となるオールアルミニウム製V型8気筒エンジン(排気量5.8L)を搭載し、最高出力も「C4」よりも100ps以上高い375ps、最大トルク503Nmを発揮。
なお、この個体の予想落札価格は約2,280万円~約2,700万円と言われています。

【関連記事】
シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337km/h以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生
シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」がLAオートショー2017にて登場。0-100は3秒以下、車体重量も僅か27kg増のみ
ヘネシーが1,200馬力超えのシボレー「コルベットC7 ZR1」をチューニング、0-100km/hは驚異の2.2秒

Reference:autoevolution

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >シボレー
-, , , , ,