えっ?シボレー「コルベット」のEVモデルがCES2018にて登場する模様

来年1月より開催予定となっている世界最大家電見本市、アメリカ・CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018にて、シボレーの2シータスポーツモデル「コルベット」のEVモデルが世界初公開されることが判明しました。
この個体は、「GXE」と呼ばれるもので、外観は「コルベット」本来のフロントマウントエンジンのスタイリングを持ちながらも、パワートレインは電気モータ2基を搭載し、最高出力810psを発揮する100%電気自動車であるとして、そのパワーはコルベット史上最強と言われたZR1(765ps)よりも強力で、フェラーリ「812スーパーファスト」やマクラーレン「720S」をも圧倒することに。

スポンサーリンク

具体的なバッテリスペック(航続可能距離他)等の詳細は明らかとなっていないものの、EVモデルとして公道最速を謳うとしていますが、恐らく最強のライバルはテスラ「ロードスター」であることは間違いなさそう。
内外装共に「コルベット」をベースにするとのことですが、テスラ「ロードスター」の0-100km/hの加速時間は1.9秒ととんでもないトルクと加速力を持つ一台のため、恐らくこれに勝る一台を作るならば、車体の軽量化はもちろんのこと、空力特性を活かしたスタイリングの改良も十分必要になってくるため、EVスポーツ業界へ参入は相当にハードルの高いものになると思われます。

価格帯についてももちろん、現時点では明らかとなっていませんが、テスラ「ロードスター」をライバルとするなれば約2,000万円前後に設定することが望ましいのではないかと考えられます。

【関連記事】
シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生
シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」がLAオートショー2017にて登場。0-100は3秒以下、車体重量も僅か27kg増のみ
世界最強EVがここに。テスラ・新型「ロードスター」が突如として登場、0-100km/hは1.9秒、航続可能距離は1,000kmだ

Reference:Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう