シュール過ぎるランボルギーニ達。中東とマクドナルド、ゴールドの「ヴェネーノ」等【動画有】

インスタグラムにて投稿されたランボルギーニとシュール過ぎる画像・映像たちを公開。
まずは、中東のマクドナルドにてランボルギーニ「ウラカン」とそのオーナーたちが集う画像。
恐らく、左側にて黒い(マクドナルドの?)帽子をかぶっている男性が店員さんだと思われますが、スーパーカーが好きなのか車内を一生懸命撮影していますね。それを見る奥のオーナーたちがニヤニヤしています。


スポンサーリンク

続いてはオレンジカラーにホワイトのセンターストライプが施されたランボルギーニ「ウラカン」と、その手前にて身ごもりをする亀。
何と、甲羅に「ウラカン」と同じオレンジカラーに身を纏い、ホワイトのセンターストライプ、そしてランボルギーニのエンブレム、ナンバープレートまで揃えるという徹底ぶり。


続いては、東京都内にて目撃されたリバティウォーク仕様のランボルギーニ「ディアブロVT(AWD仕様)」。
フロント・リヤ共にハミタイ上等の極太ホイールに、外付けリベット留めの男前オーバーフェンダーを装着。
更にはフロント・サイドスカートには過激なエアロキットが装着されているため、ほぼほぼ着地しているかのごとく車高短仕様を極めた一台となっています。これで走れるというのが驚きです。


続いては、全てゴールドにて仕上げられたランボルギーニ達。
恐らくカーラッピングないしはCG?ではないかと推測しますが、この中に世界限定3台のみの「ヴェネーノ・クーペ」が存在しているということが驚き。
未だ現車は見たことはありませんが、相当な迫力であることは間違いなさそうです。

続いては、ランボルギーニ「カウンタック」が路肩の脇にハマってしまうという画像。
その広すぎる車幅が原因で、大型ダンプカーとすれ違う際に、ギリギリまで端に詰めないと走行できないのだと思われますが、この後「カウンタック」が無事にコンクリート上に戻れたかは不明。


最後は、ランボルギーニ「ガヤルド」と思われるチューニングモデルが急加速しようとしたところ、そのままスリップし縦列駐車するポルシェやBMWに突っ込みそうになるというギリギリ動画。
ある意味加速が足りなかったために、制動距離も短く済んだという奇跡の動画ではありますね。

 

Damn!😱 Caption this below ⬇ 📷Unknown Follow @onlyhuracan for more! #onlyhuracan

Dopest Lamborghini🐂さん(@onlyhuracan)がシェアした投稿 –

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう