ベントレーがゴールドをふんだんに使用した特別仕様「ミュルザンヌ」”シンジャリ・エディション”を発表

2016-10-09

20160916_1_%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ab%e3%82%b6%e3%83%b3%e3%83%8c

ベントレーは、「Mulliner」部門が手掛けた「ミュルザンヌ」の特別仕様車”シンジャリ・エディション”を発表しました。

スポンサーリンク

鷹の一種である”シンジャリ・シェイカー”を名前の由来とするこの「ミュルザンヌ・シンジャリ・エディション」は、ゴールドのコーチライン付きの”Anthracite”と”Onyx”のツートーンのボディカラーや23.9金仕上げの”フライングB”フードオーナメント、ブラックとタンのキルトレザーで仕立てられたキャビン、ピアノブラックのインテリアトリムやリアシート用のピクニックテーブルなどで通常のモデルと差別化した仕様であるとのこと。

20160916_2_%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ab%e3%82%b6%e3%83%b3%e3%83%8c

20160916_4_%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ab%e3%82%b6%e3%83%b3%e3%83%8c

20160916_3_%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ab%e3%82%b6%e3%83%b3%e3%83%8c

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう