フィアット「500」をチューン&豪華にカスタム。何と、中にはシャンパングラスが装備

海外チューナーのCinquone Qatarが、フィアット「500」を過激且つ豪華にカスタム。
パッと見ではありますが、ホワイトのボディカラーに何とも厳ついダクト付となるフロントフードを設け、フロントバンパーの移植、更には敢えてブラックによるツートンではなく、素地のみでのカスタムエアロを装着。
また、フロントエンドとリヤエンドにはフィアットのエンブレムではなくチューナーブランドロゴをリプレイスしていますね。

スポンサーリンク

サイド・リヤデザインを確認していくと、ルーフ上部にはルーフスクープと固定式リヤウィングを装着。
足回りについては、フロント・リヤ共に18インチのアルミホイール、タイヤは215/35、ブレーキディスクは超強力なブレンボ製となる305mmの大口径カーボンブレーキを装備。ブレーキキャリパカバーはレッドカラーをチョイスしており、フェラーリブランドを活かしたメリハリのある色使いをしていますね。

パワートレインとしては、排気量1.4L 2気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力248hp、最大トルク300Nmを発揮。0-100km/hの加速時間は5.5秒、最高時速240km/hにまで到達。

内装はホワイトを基調とした、ワインカラーをアクセントのフルレザーシートを採用したラグジュアリー仕様に様変わり。
エアコン吹き出し口周りのフレームやステアリングホイール周り、センターダッシュボード、ドア取っ手にはゴールドメッキを加飾。
ダッシュボード周りにはワインカラーのアルカンターラを採用することで更なるラグジュアリーカーとしてのステータスを向上させています。

そしてセンターコンソールには、ワイン置き用のドリンクホルダーならぬワインホルダーが装備され、そこには24金を使用したワイングラスが。
スポーティなホットハッチモデルにラグジュアリー仕様という何ともギャップ差が激しい一台ですね。

【関連記事】
これはド派手。フィアットが、ファッションに焦点を当てたワンオフモデル「500C」をチャリティー・オークションに出品
史上最強のフィアット「アバルト500」が登場。排気量1.4Lに最高出力400馬力超えでカーボン尽くしは反則だろ

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう