ワイド&パワフルに。次世代モデル・ポルシェ「911GT3RS」の予想レンダリングが公開に

ポルシェのハイパフォーマンスモデル「911GT3RS」の予想レンダリング画像が公開に。
近年では、ダウンサイジングターボ化が主流となっている中、「911GT3/911GT3RS」に関しては水平対向6気筒自然吸気エンジンを採用しており、ハイブリッドやツインターボといった付加価値を必要としないピュアスポーツとしてラインナップ。
噂では、ポルシェ「パナメーラ4S E-Hybrid/Turbo S E-Hybrid」に採用のプラグインハイブリッドを搭載するとの噂もありますが、現時点ではまだまだ不明となっています。

スポンサーリンク

そんな中でも敢えてピュアなエンジンを採用し、おまけに上のレンダリングにあるようなワイド&ローボディキットを装備し、マフラをセンター4本だしマフラへとアップグレード、リヤテールもセンターにかけてシームレスなシングルラインへとまとめ上げ、シンプルかつダイナミックなリヤデザインを表現しています。
リヤエキゾースト周りにも、ワイドなメッシュグリルを装備することで空冷効率を高めたデザインへと変更。
リヤウィングも大型化し、強力なダウンフォースを発生することで走行性能並びに「911GT2RS」の持つニュルブルクリンクのラップタイムを凌駕するほどの走行性能を持つ一台となりそうです。

また、注目されるパワートレインにおいては現行モデルが排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを登載し、最高出力500psを発揮しますが、次世代モデルにおいては排気量が0.2L増加する4.2Lになるとの情報も。
しかしながら、最高出力においては未だ明確な情報が公開されていないものの、現行モデルよりも高い数値(525ps以上)にてチューンアップされる可能性は高いと考えられます。

When worlds come together. 💀 @bengalaautodesign @kieranlucaz #GT3RS

kieranlucasphotography📷さん(@kieranlucaz)がシェアした投稿 –


【「911GT3RS」関連記事】
これはド派手だ。パープルカラーにピンクホイールが輝くポルシェ「911GT3RS」が登場
ポルシェの次期「911GT3RS」は排気量4.0L→4.2Lへ?マニュアルも設定無しの可能性も
この音を楽しめ。ポルシェ「911GT3RS」とFiエキゾーストがコラボしたエキゾーストサウンドラックを作成【動画有】
ポルシェ「911GT3」と「911GT3RS」がドリフトバトル。「911GT3」車内からの臨場感が半端ない【動画有】
世界は広い。ポルシェ「911GT3RS」のトランスミッションをPDKからMTにした猛者が登場
ポルシェの次期「911GT3RS」の開発車両を捕捉。まさかのマニュアル仕様も登場か?

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう